Photo Gallery

元朗に住んでいる友人に会いに行って来ました!

一緒に食事してさんぽもしました。

元朗といえば、屏山文物徑が頭に浮かびますが、今回は屏山文物徑ではなく、 地下鉄元朗駅 から徒歩で約5分くらい歩いたところに古い街並み(元朗舊墟)をさんぽしました。

2016-11 元朗舊墟1

元朗旧墟(元朗旧市街)は西鉄の線路の北側、左側が旧市街で青山公路の南側ということになります。

2016-11 元朗舊墟2
何だか昭和を感じてしまう~。

元朗舊墟 Yuen Long Old Down Town

20世紀初め元朗で最も栄えた場所でした。


2016-11 元朗舊墟3
屋根の装飾が施されてる。


2016-11 元朗舊墟9
晋源押
「押」は質屋さんのこと。200年以上の歴史を持ち、香港一古い質屋さんとも言われています。


同益桟
香港に現存する唯一の清代の宿泊施設(現在は使用されてません)
ショック~。
同益桟の写真がありません。(涙)


2016-11 元朗舊墟7
大王古廟
明代末期に建立
2016-11 元朗舊墟8

2016-11 元朗舊墟10
車も通れない細い路地が続きます。

2016-11 元朗舊墟6
テラスの柵がかわいい~!
スペードをあしらっているのね。

2016-11 元朗舊墟14
こちらは空き家のよう。

2016-11 元朗舊墟12
玄武二帝廟

2016-11 元朗舊墟13
玄帝と関帝を祀っている廟です。


2016-11 元朗舊墟11
屋根のところに1968と刻まれてます。
約50年前に建てられました。


2016-11 元朗舊墟15



この一角は時が停まっているかのよう。
古い建物にキュンキュンする方は是非行かれて見て下さい。
只、住人の方がいらっしゃいますので、迷惑にならない様に。


さんぽも終わり、元朗で有名なスイーツ屋さんへ向かいます。
スイーツ店のお話は次回に続く・・・・・



 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-11-2 Wed

Tag:香港 元朗 古い街並み 観光スポット 元朗舊墟 同益桟

2009年に閉店してしまったので既に10年近く経過していますが、湾仔駅の目の前にあり、当時を知っている人なら一度はここの炭火焼きチャーシューを食べた事があるのでは?

龍門大酒樓
龍門大酒摟(ネットより)

実は、この龍門大酒摟の看板や装飾品や食器類などが展示、保存されているところがあるのです。
それが、稲郷飲食文化博物館です。

1949年に開業、元々龍鳳大茶楼の名前で50年台の代表的な茶楼の一つでしたが、1975年に酒も取り扱う様になり、この名前に変わっています。

4階建て、4300㎡の面積があり、香港で初めて空調を入れた事と炭火焼き叉焼が絶品で、湾仔三龍と謳われた有名店です。


赤い外壁と、大きな看板、入口両脇の一対の龍の彫刻が特徴的だったそうですが、それらのモニュメントはそのまま、この展示場に移設されています。

龍門大酒樓1
入口

アップで。
龍門大酒樓2
入口のすりガラスがステキです。

龍門大酒樓3
いくつものカップルの結婚式が行われたのでしょう~。

龍門大酒樓4

龍門大酒樓8
使用されていたレジ

龍門大酒樓6
大きな金庫ですね。

龍門大酒樓7
最後の晩餐の案内

再開発の為、4億2千万$で売却されましたが、2009年11月30日に執り行われた最後の宴会「龍門夜宴」は盛大で語り草となっているそうです。

龍門大酒樓5
結業の文字が・・・・・

少しでもお店の雰囲気を味わえる!?稲郷飲食文化博物館
博物館はそれだけではありません。
その他については後日お伝えいたしますね。

龍門大酒樓9



タイムスリップが出来るのならば、お店が営業している時に行って訪れたい。



稲郷飲食文化博物館 (Tao Heung Museum of Food Culture)=

住所:新界沙田火炭坳背灣街13號1樓

電話番号:: 8852)3989-7000(広東語) 事前予約が必須

開館時間:9:30-12:30、14:30-17:30

http//:www.taoheung.com.hk





 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016.11.01 Tue


再開発の為、4億2千万$で売却されましたが、2009年11月30日に執り行われた最後の宴会「龍門夜宴」は盛大で語り草となっているそうです。

Tag:香港 観光スポット 龍門大酒摟 稲郷飲食文化博物館

先日ご紹介した候王古廟の道路挟んだ前に存在している
石屋家園1
石屋家園

石屋家園2

石屋家園3
香港三級歴史建築物です。

石屋家園の前身は1940年代の侯王廟新村石屋です。

石屋家園5
1880年~1890年に2階建てのヨーロッパ式建物に建て替えられました。

第二次大戦後、この石屋にはいくつかの映画撮影所が設立されました。

石屋家園4
現在は歴史建築物として、リノベーションされて石屋咖啡冰室や旅行センターが入っています。

訪れた日が丁度、定休日だったので中へは入れませんでした。

残念~!
見学したかった。
外観だけ堪能しました。

石屋家園6
園内には昔の九龍城の周りの風景がプレートで飾られています。



是非、行かれる方はお休みをチェックされ、冰室へ足を踏み入れてみて下さいね。



=石屋家園=

住所:九龍 聯合道133號

電話番号:(852)2325-0111


石屋咖啡冰室

電話番号:(852)2325-0131

営業時間:08:00-18:00

休業日:月曜日



MTR樂富駅B出口より

http://www.stonehouses.org/zh/houses




 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-10-31 Mon

Tag:香港 観光スポット 石屋家園 歴史建築物 石屋咖啡冰室

以前、九龍城砦跡の九龍寨城公園へ行った際に近所に廟があることは知ってました。
訪れたいと思いながら歳月は経ちました。

今回の訪港のスケジュールに組み入れました。

MTRを利用して行く場合には樂富からになります。
私たちはバスを駆使して行って来ました。


候王古廟1
侯王古廟

侯王古廟は九龍地区にある有名な廟のひとつで、南宋末期に建てられました。

候王古廟2


最初は茅葺きのみずぼらしい建物でしたが、北宋時代に楊亮節と言う人を奉るようになってからちゃんとした廟になっていきました。
この楊亮節と言う人は、北宋の帝が九龍まで逃げる時に最後までお供した忠臣として知られています。この忠誠心を記した碑が廟内にあります。

候王古廟4


現在の廟は宋代のものではなく、1730年に建立され、その後3回修繕されています。

廟内には、観音像、大歳像、諸仙菩薩、十八羅漢像などが安置されており、又、「侯王前座」と刻印されている鉄製の香炉、壁に刻まれている額や石の彫り物など歴史文化的価値の高い物がたくさん保存されています。
候王古廟3
屋根の上に飾りが施されています。

候王古廟5



候王古廟6
こちらに九龍城地区の歴史の説明があります。

候王古廟7
敷地内には、清朝の秀才、張寿仁が書いた「鵞」や、
1888年に彫られた「鶴」の石刻字があり、見ごたえがあります。
候王古廟8

候王古廟9


こちらは香港一級歷史建築物です。

候王古廟10
細部までよーくご覧になって下さいね。


=侯王古廟=

所在地:九龍城聯合道と與東頭村道が交差する角








 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-10-31 Mon

Tag:香港 観光スポット 候王古廟 歴史建築物

古い建物が好き。
歴史建築物となっていると尚更見たくなる。

今回は以前訪れた花墟道(フラワーマーケット)の歴史建築物になっている騎樓の中に潜入して来ました。

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ1

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ2

1932年に建築された唐楼
4階建てで当時は「摩登住宅」と呼ばれていました。

建築された当時は洋風の装飾を採用しており風格があり、香港で一番の鉄筋コンクリート製の建物でした。

ここは連続の騎楼となっており戦前の唐楼では唯一現存する建物となっています。

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ3
そんな騎樓の中へ潜入出来るんですよ~。(笑)

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ4

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ5



花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ7
リノベーションされ、とっても明るく、可愛い小物やオーガニックを扱うSHOPへ生まれ変わりました。

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ8
お土産探しにも一役買ってくれるお店だと思います。

花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ6
窓際へ
この窓枠好き~♪
真中に波の柵が何ともいいわ~♡


花墟道(フラワーマーケット)の10連騎樓 中へ9
かわいい店員さん。

この階の他にも他店舗が入居してます。
しかし、訪れた時は閉まってましたので割愛しました。


この機会に是非足を運んでくださいね。
あなたもきっと騎樓の魅力に惹かれることでしょう~♪ (笑)


九龍旺角太子道西204號

二級歴史建築物




 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村



2016-10-30 Sun

Tag:香港 観光スポット 騎樓 歴史建築物 唐楼

香港に住んでいた頃、街歩きをしていて、中環(セントラル)の堅道辺りの地図で教会のマークが!
どんな教会なのか?
近所に居たので探したけれど、見つからず。
残念な気持ちで帰宅した記憶がありました。

今日は下調べも済ませて、再度挑みます。(笑)

教会の近所に近づき、以前この辺りをウロウロしていたなぁーと思っていました。
聖母無原罪主教座堂1
細い路地(?)から数人の人が・・・・
見てみるとここから教会へ行けます。
心の中で「やったー!」とつぶやいてました。
こちらは教会の裏側へ出ます。

聖母無原罪主教座堂5
マリアさまが出迎えてくれます。


白亜の教会が目の前に現れました。
聖母無原罪主教座堂2
聖母無原罪主教座堂
堅道から己連拿利へ入って行くと教会の正面に出ます。

1842年に威靈頓街(ウエリントン)街に建築、1859年に火災で焼け落ちましたが、その後再建されています。
1881年、周りの環境が宗教にふさわしくないとして今の場所に移設されています。

聖母無原罪主教座堂はロンドンの建築事務所で設計されており、とても高雅で簡素で一種の神秘的雰囲気を醸し出しています。

経堂は全長82m、幅42m、高さ23.7mで内部には約1000個の座席が配置されています。

聖母無原罪主教座堂3
主教座堂は真中に十字架が天井より吊るされており、小堂が十字架状に4つに分かれている構造となっています。

聖母無原罪主教座堂4


中心には大理石で出来た祭壇があり、その下には10名の聖者の像が安置されています。

壁や石柱の上にも十数名の聖人の像が彫られています。

聖母無原罪主教座堂6
2002年に大規模修理が行われ、115年の歴史を守り後世へ繋げる素晴らしい修理として、ユネスコアジア遺産賞を受賞しています。


壮大で圧巻してしまいます。

是非、一度足を運んで頂きたい教会です♪



=聖母無原罪主教座堂=

住所:香港堅道16號

電話番号:(852)2522-8212

開放時間:7:00-19:00






 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-10-30 Sun

Tag:香港 観光スポット 歴史建造物 教会 聖母無原罪主教座堂

深井村のお話も今日が最終回。
ミルクティー観音ラテ嘉頓 Garden裕記大飯店 Yue Kee Restaurantときて、5回目は深井村について。
あまり詳しくは分かりませんが・・・・・(汗)

深井村 天地父母廟2
深井村と刻まれた門があります。

深井村 天地父母廟1
空港が近いせいか飛行機が間近に見えます。


深井は潮州人がとても多く住んでいるそうです。
以前ここにあったサンミゲルビール工場には900名の工員の内、70%が潮州人だったとの記録が残っています。

古い建物もあります。


深井村 天地父母廟4
『鄭記士多』、『裕記大飯店 Yue Kee Restaurant』 の並びに・・・・・
とっても気になります。(笑)

深井村 天地父母廟7

深井村 天地父母廟3
グリーンの建屋は元サンミゲルの寮だったと・・・・・


深井村 天地父母廟5
こちらの看板があり、訪ねました。

深井村 天地父母廟6
深井天地父母廟

深井に移り住み着いた潮州人が建立した廟です。
天地父母は潮州人が最も崇拝する神の一つであり、天父は天の神、地母は耕作地の事を表しています。

天地父母廟は、元々新村水坑のほとりに質素な廟として建てられていましたが、1981年に今の地に移建され、2012年に修復工事がなされています。
なので、ぴっかぴかなのね。


深井村 天地父母廟8
發記甜品の本店がある。
今回はお腹いっぱいで、訪ねられなかった。
次回持越しとなりました。

長閑な時間を過ごすのに良い感じのところ。
足を運んでみてはいかがですか。




 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-11

Tag:香港 新界 深井村 天地父母廟 潮州人

ガイドブックにも登場している『西港城 Western Market』

上環(Sheung Wan)にたたずむ、レンガ造りの洒落た建物。


1858年に建築された南樓と1906年に建築された北樓合わせて南北2棟で上環街市として使用されていました。しかし、1980年に南棟は壊され、北棟が現存する建物で、法定古蹟になってます。

北側に新たな市政ビルが出来、1989年から暫くは空き家となっていましたが、1991年に本格的な改築工事がなされ、手工芸、伝統工芸の為のビルとして西港城と名付けられて再開されました。

建物は、ドイツ式の洋風建築で昔ながらの装飾が残されています。

一階は英国式の建物を模して赤レンガと花崗岩の組み合わせで建てられています。一方、香港の気候に合わせて斜めの屋上に瓦を配し湿度の調整を行っています。香港の早期西洋式建築の特徴が現れています。


2003年からは再開発の一環でレストランや商店も出店され、各階に特徴あるお店が並んでいます。


2016-01 西港城1


2016-01 西港城2
ストリート標識が右から書かれてる。
これは古いものです。


2016-01 西港城3

2016-01 西港城8
グランドフロア―にはお土産屋さんやレストラン、
2階は布屋さんが並んでいます。
これはガイドブックなどに載ってますので、割愛でーす!(笑)

2016-01 西港城4
思わずシャッターを押したくなっちゃうTELBOX

2016-01 西港城5
何だと思います~?
これは体重計です。
人前で量るのは・・・・・(笑)




西港城 Western Marketへ行ったら、是非、階段エリアとおトイレへ。
こちらも合わせてご覧ください。
歴史を感じずにはいられません。


2016-01 西港城6
素敵なトイレです。

2016-01 西港城7
歴史を感じます。

法定古蹟になっている建物、隅から隅まで見て下さいね!




=西港城 Western Market=

住所:香港上環德輔道中32Western Market




 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-01-14 Thu

Tag:情報 香港 観光スポット 法定古蹟 西港城 レンガ造り

先週1週間は上海ネタでした。
今日は大好きな香港ネタで行きます!


加路連山道、希曇街から見える十字架!
教会の入口はどこなの?

入口はちょっと難しいです! (笑)


基督君王小堂1
棉花路の駐車場から・・・・・
この建物が見えたら、駐車場へ


基督君王小堂3
1928年、フランス人のロボー神父の協力で修道院が建築され、1930年には何東夫人の援助で聖堂が完備され、1000人収用できます。歴史的価値が最もある建物で、二級歴史建築となっています。

この外観どこかで見た様な・・・・・・
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で似たような建物が!と思ってしまうのは私だけ!?

基督君王小堂5



基督君王小堂8
聖堂の入り口には4組の巨大な円柱があり、その中の2組は柱の上の方に三角形の装飾が施されています。


基督君王小堂4
柱の中間に大きな鐘があり、「REGEM REGUM VENITE ADOREMUS」と書かれています。この時計は既に停止しており、永遠に12:26分を指しています。


基督君王小堂6

基督君王小堂7


第二次世界大戦時には、多くの負傷兵を修道女が看病し病院となり、1973年からハッピーバレーにある聖マーガレット大堂の系列の教会となりました。

聖マーガレット大堂の記事は⇒ 
香港人のあこがれの教会、映画やドラマの舞台になった『聖瑪加利大堂(聖マーガレット教会)』


ご近所に聖馬利亞堂(St. Mary's Church)があります。 
記事は⇒ 
銅鑼湾(トンローワン)のみどころ!?中華様式の基督教会 『聖馬利亞堂(St. Mary's Church)』他
      
銅鑼湾にある『聖馬利亞堂』でとってもステキな体験をしました~♪


合わせて見学されてみてはいかが。



=基督君王小堂=

住所:香港銅鑼灣東院道2號

http://www.stpaul.org.hk/b5/index.php/pastoral/church





 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-03-18 Fri

Tag:香港 情報 観光スポット 歴史建造物 教会

いつもバスから眺めていました。
初めて見た時、かわいい教会だなぁーと思い、
機会を作って見にこよう!と思いながら、歳月は経ち・・・・・

この近所に用事があり、ちょっとの時間でしたが、立ち寄ることが出来ました。

訪ねてよかった。



天主教玫瑰堂1
1905年に建築された一級歴史建築物です。


天主教玫瑰堂3
1900年に義和団事件が発生し、これを鎮圧する為に派遣された英国領インド人が駐屯する為に800人収用の建物が作られ、その後1905年にキリスト教の教会として落成されました。

玫瑰堂は、典型的なゴシック様式建築で、基本設計はBasilicaを模して作られています。

天主教玫瑰堂5


天主教玫瑰堂4


天主教玫瑰堂6

1950年に玫瑰堂に中廊下が増築された後、ラティン十字形、長い通路とそれに続く聖洗池、最後に祭壇とその後ろにある半円形の聖所が作られました。

これらは、人が生まれてから死ぬまでの旅程を表現していると言われています。



歴史博物館の漆咸道南を挟んだ向い側に位置します。


=天主教玫瑰堂=

住所:九龍尖沙咀漆咸道南125號

電話番号:(852)2368-0980

http://rosarychurch.catholic.org.hk/index.html




 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-05-25 Wed

Tag:情報 香港 観光スポット 教会 歴史建造物 玫瑰堂

WHAT'S NEW?

ブログパーツ