Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダーリンは会食。
夕食はひとり。
簡単に済ませ、ダーリンの帰宅を待ちました。

チャイムが鳴り、ダーリンのお帰りです。
ドアを開け・・・・・
ダーリンがバラの花を挿しだして
MY誕生日②
『お誕生日おめでとう』と
びっくりです。
何も無いと思ってましたから・・・・
そして、ハート型のケースに入ったスイーツ付き。
MY誕生日①.
LOVEというメッセージが
MY誕生日③


プレゼントは好きなものをとのこと
やっぱりバックかな~ なんて思ってます。

数日前にお花屋さんどこにある?って聞かれたことを思い出しました~

ダーリン ありがとう~

いくつになっても誕生日はいいものですね


誕生日・・・・・
とっても大好きな日。
特別な日。
この世に生を受けた日。
誕生したから色んな出逢いがある。
あなたにも出逢えました。
この世に生まれたことに感謝。
両親に感謝。
出逢えた人に感謝。
神さま、ありがとう♪
スポンサーサイト
週末を利用して思い出の地『マカオ』へ

今回で何度目のマカオかなぁ
香港から高速船で約1時間で行ける・・・・
とってもお手軽マカオ

旧正月明けの土日
セナド広場のオブジェ
媽閣廟
マカオと言えばカジノ
この3つはクリア目標に

ホテルチェックインし、ギャラクシーでランチを済ませて、
いざ『媽閣廟』へ
媽閣廟①
行きたい行きたいと思っていた地へ、ついに来ました~

媽閣廟④

媽閣廟は、マカオ半島の南端の「媽閣山」のふもとに位置する。
中国式寺院で、創建は1488年と言われおり、「媽祖」を祀ったマカオで最も古い寺院。
山を背に、海に面した媽閣廟の敷地は広く、4つの堂(大殿,石殿,弘仁殿,観音殿)がある。
媽閣廟の由縁は、福建や台湾で信奉されている「媽祖」伝説によるもの。
「媽祖」は福建の漁民の娘で、心優しく、人助けをいとわなかったため、死後仙女になりました。
仙女になった「媽祖」は、難破しそうな漁船の上に現れて幾度も危機を救ったため、漁民の安全を守る神として福建や台湾の沿岸沿いを中心に信奉されていました。
マカオの媽閣廟は、明代に1艘の商船が難破しそうになったとき、神女がマカオ半島の上に現れ、安全に船を導いたという伝説がもとになっています。
難破を免れた船の乗組員たちが、後に神女が立っていた場所に建てた寺院が、媽閣廟。
ポルトガル人が、はじめてマカオの地に上陸した場所も、この媽閣廟の岸でした。
「媽閣」の読み方「マーガオ」がマカオの地名の由来と言われています。
ここがマカオ発祥の地という事になりますね~。

参観時間:7:00~18:00

媽閣廟②
何だと思います~  巨大お線香です

媽閣廟⑤

媽閣廟⑦
桶を手で揺すってます。
桶の水が波立ってきてます。

媽閣廟⑩

媽閣廟⑩

媽閣廟⑪
媽閣廟⑫
媽閣廟⑬
獅子舞を堪能出来ました。
旧正月には媽閣廟で獅子舞が行なわれると記事で見ました。
出来れば見たいと思っていたら、見られて今年もついてるなぁ~とうなずいた私でした

海事博物館1
≪海事博物館≫
媽閣廟の向かい側にあります。
ポルトガルと中国の海洋交流をテーマに船乗りや漁民の風習、歴史、航海技術に関する模型や写真などの展示あり。
小さな水族館も併設。
海事博物館2
海の神さま
海事博物館3
狩野〇〇氏の作品
海事博物館4


マカオポスト
マカオのポスト  
反対側は切手の自販機になってます。
しかし、大きい。中に人でも入っていそうです。 笑

マカオ三輪車
マカオの人力車!?
媽閣廟の広場で展示されていて、乗って撮影OKです。

マカオ街並み
おしゃれな街並みですね~

鄭家大屋2
≪鄭家大家(マンダリンハウス)≫
19世紀の思想家 鄭観応の邸宅
約4000平方メートルにもわたる豪邸は約8年の歳月を掛けての大修復後、2010年2月に一般公開されました。
中国を代表する偉人、孫文や毛沢東らに影響を与えた鄭観応氏の邸宅は東西の美を融合させた名建築と言われている。

参観時間:10:00~18:00 水曜休館

鄭家大屋3

鄭家大屋4

鄭家大屋5

鄭家大屋6

鄭家大屋7

鄭家大屋8

鄭家大屋9

鄭家大屋10

鄭家大屋11

鄭家大屋12

鄭家大屋13

鄭家大屋14

鄭家大屋15

鄭家大屋16

鄭家大屋17
旧正月期間だったこともあり、飾りつけがされていて、とっても華やかでした。
飾りつけがなかったら、寂しい印象もあるかもしれない・・・・
鄭家大屋18
本当、豪邸です。何人で生活していたのでしょう~?
とっても見応えあります。お勧めの1つです

港務局1
≪港務局≫
マカオの治安維持のためにポルトガル領のイスラム文化の残るインドのゴア都市から派遣されたムーア人兵士の寄宿舎として建設された。イスラム様式のアーチ建築が特徴。
観光施設として再整備される予定だそうです。
参観時間:9:00~18:00(回廊部)
港務局2

港務局3

聖ローレンス教会2
≪聖ローレンス教会≫
569年頃、イエズス会によって建てられた。海の神さま聖ローレンスが祀られている。
参観時間10:00~16:00
聖ローレンス教会3
シャンデリアにステンドグラスがきれい~
椅子の脇には旧正月になくてはならない爆竹の飾りが施されている。
この時季だから・・・・ 貴重

ドン・ペドロ5世劇場1
≪ドン・ペドロ5世劇場≫
東洋で最古のヨーロッパ式社交クラブと言われた。
1858年にオペラハウスとして生まれ変わり、今もコンサートホールとして活躍している。
内部の見学は公演を観に行けば可能だったが、2011年9月より内部見学もOKとなった。
内部見学時間:10:00~18:00 *火曜休館
ドン・ペドロ5世劇場3

ドン・ペドロ5世劇場4

ドン・ペドロ5世劇場5

ドン・ペドロ5世劇場6
ロビー
ドン・ペドロ広場
聖オーガスティン広場

聖オーガスティン教会
≪聖オーガスティン教会≫
586年にスペインからフィリピン経由で来たオーガスティン修道会が木造の修道院を建てたのが起源とされ、
ポルトガル人に引き渡され現在の場所へ。
1591年に最初の教会は修道院を併設する形で建てられ、1874年に現在の建物に再建された。
参観時間:10:00~18:00
セナド広場1
≪セナド広場≫
マカオ随一の「新馬路」メインストリートに面し、古くから街の中心とした場所。
石畳と大きな噴水、仁慈堂大樓、民政総署大樓などこの一帯、ポルトガルにタイムスリップしたかと思わせる。

セナド広場2

セナド広場4
セナド広場5

セナド広場3
セナド広場6
セナド広場 歩道
新馬路で・・・・
正月飾りとリスボア

セナド広場を後にホテルへ・・・・
シェラトン1
今回宿泊先は昨年9月にオープンしたシェラトン
玄関入ると旧正月をイメージしての飾りがドーンとありました。
シェラトン2
南国ムード漂う先のネオンはカジノ
シェラトン3
真中の建物が宿泊先のシェラトン

いつもお世話になっているギャラクシー
ギャラクシー5

ギャラクシー4
玄関に旧正月飾り
ギャラクシー1
中へ入っても・・・飾りが・・・・

ギャラクシー3
旧正月のためかこのようなものもあり!
ギャラクシー6

ギャラクシー7

ギャラクシー8

ヴェネチアン1
コタイ地区でギャラクシーといい勝負をしているヴェネチアン
ヴェネチアン2

夜の街

帰り高速船1
帰りの高速船の中からマカオをパチリ

帰り高速船4
マカオ半島とコタイ・タイパを結ぶ3つの橋の「フレンドシップ橋」を潜り、香港へ戻りました

Tag:情報 観光スポット マカオ

今日はバレンタインデー

夕食は何にしようかと考えて
『ハートずくし』にしました~

バレンタインデー①
ハート型のハンバーグ、ハート型の目玉焼き、ハート型のにんじんのグラッセ
バレンタインデー②
グリーンサラダ ハート型のキューリ添え
ハートチョコブラウニー
ハート型チョコブラウニー アイス添え

ダーリンも『ハートずくしだね』と・・・・
気付いてくれました

バレンタインはハートずくし
自己満足でした~

今日のDinnerはifcにある「French Window」へ
20130212Dinner12
ビクトリアハーバーに面してるのでハーバーを眺めながらのお食事

20130212Dinner4
ステキな店内
20130212Dinner3
壁一面ワインセラー

20130212Dinner6
オイスター
白ワインによく合います。
美味しく頂き、追加してしまいました~
20130212Dinner7

20130212Dinner5
チーズの盛り合わせ
何種類かあり、その中から好きなものがチョイス出来ます。
フルーツにナッツも添えてあります。
嬉しいですね~

20130212Dinner8
チーズ入りサラダ

20130212Dinner9
洋酒につけてあるケーキ。
サバランのようです。
20130212Dinner11
チョコレートムース

ステキなお店でした。
窓際の席。ラッキー
しかし、残念なことは室内照明が窓ガラスに反射して、
ヴィクトリアハーバーの眺めが見ずらかった

20130212Dinner13
ifcの中にあったオブジェ


=お店情報
French Window
住所:3101 Poudium Level 3, ifc mall, Central
   中環IFC商場第二期3楼3101舗
   (セントラルifc 3F)
電話番号:23933812
ファックス:23322922
休業日:年中無休
ホームページ:www.thefrenchwindow.hk (英語)


Tag:香港 情報 グルメ お祝い French Window ifc

旧正月・・・・
獅子舞見たいなぁ~

尖沙咀に行ったら、偶然にも出会えた

これは春から縁起がいい

龍舞①

龍舞②
龍舞を見て、獅子舞は~???っと思っていたら、
すぐに
獅子舞①

獅子舞②
しかし、獅子舞ではなく、獅子を見た でした


旧正月はネイザンロードと九龍公園に出没のようです

尖沙咀の金馬倫道(Cameron Road)を歩いていたら、
ふと看板に目が行きました。
SN25
なんと、スヌーピーにチャリーにルーシーに・・・・etc
スヌーピーファミリーの面々が居るではありませんか。
『査理布朗咖啡専門店』
絶対に来る~と誓い、
今日、ついに念願が叶いました

SN1
SN35
お店は2階。
階段を上がって行く途中から写真をパチパチ。
店内入るとスヌーピーワールド
SN2
SN3
SN33
キャッ、キャッ!!
大興奮
スヌーピー大ファンの私にとって
目の前にスヌーピーだらけ。
堪りません。

店内の写真、撮りまくり
何枚撮ったことか分かりません。

ソファ席、テーブル席があります。
SN30
SN31
SN32

グッズ販売コーナーもあり。
ぬいぐるみに、コーヒーカップ、ストラップなど・・・・
お土産にいいかもしれません。
SN14
SN15
SN17
SN16

SN18
こちらの席をチョイス。

食事はカルボナーラとピザを注文
SN19
SN20
SN21


食事の後はカフェタイム
折角なのでケーキも頂きました。
ケーキの選択は大変でした。
どれもこれもかわいくて・・・・
SN8
SN9
SN10
SN11
SN11
SN12
SN7
SN6


こちらを頂きました。
SN22

ホールケーキもあります。
バースデーの時など、喜ばれますね
SN13
SN4

最後はしっかりおトイレへ
かわいいし、きれいがキープされてました。
安心して入れます
SN26
SN28
SN29
SN27
SN23
SN24




ここは本物のスヌーピーファミリーがおります。
アメリカからライセンスを得ているそうです。
正真正銘のチャーリー・ブラウンでーす。
世界中でここ香港だけに存在するんですって。
ファンなら絶対に、ファンでない人も必見ですョ~

訪ねる時はカメラ必須です。 私だけ

=お店情報=
チャーリー・ブラウン カフェ
 CHARLIE BROWN CAFE査理布朗咖啡専門店


住所:G/F-1/F., Kok Pah Mansion, No. 58-60 Cameron Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon

   九龍尖沙咀金馬倫道58-60號國鈀大廈一樓及地下

電話番号:2366-6315

営業時間:08:00-深夜01:00

休業日:年中無休

尖沙咀の金馬倫道(Cameron Road)、漆咸道(Chatham Rd South)とのコーナー近くです。
看板が目印です
SN34
香港では1年で2度のお正月・・・・・
新暦と旧暦をミックス。

今年の旧正月は2月10日でした

イベントもあり。
旧正月当日の夜にはナイトパレード
諸事情があり、見学は断念。
しかし、花火(2月11日)は見に行きました。

2011年カウントダウン
2012年香港返還15周年記念
そして、2013年旧正月
3度目のビクトリアハーバーでの花火鑑賞。
今までで1番

ど正面。
最高~
花火①

花火②

花火③

花火④

花火⑤

今回夜空に咲いた華は3艘の船から23,888発の花火が打ち上げられ、
費用は800万香港ドルかかたということだそうです。
感動しました。
次回の花火鑑賞もこのベストポジションで決まり
花市
旧正月(2月10日)の約1週間前から2月9日まで開催されている。
場所はビクトリアパーク(鋼鑼湾)、ファーフィパーク(旺角)
花市は旧正月に欠かせない催し物。
新年に幸運をもたらす花を大勢の人たちが求めてやってくる。
金柑の木、水仙、牡丹は繁栄をもたらす。
桃は恋愛運を高める
みかんは人間関係が長続きすること、「実りの多い」結婚生活を約束してくれるとされ、
縁起を担ぎ、買い求める人々で賑わう。
多数に出店などあり、子供たちにも嬉しい会場。
一足早くお正月ムード漂う・・・・




バスで通る太子道西。
花墟道フラワーマーケットロード)を見ていた。
フラワーマットロード①

フラワーマッケトロード②

花屋さんが軒を連ねている
一度行って見たいと思っていた。
その時が来ました。
花墟道フラワーマーケットロード)の近所で花市開催。

ファーフィパーク(旺角)の花市フラワーマーケットロードへ。

まず、フラワーマーケットロードに行った。
お正月の花を求める人、人、人です。
チェックをし、ファーフィパークへ行く途中に
雀鳥花園
鳥 門
門を潜ると小鳥のさえずりが聞こえています。
鳥①
旺角の金魚街にいている。
こちらの道は金魚と小鳥を売る商店街なので・・・・

ここを通過して花市へ。

花市


花市と言っても色々な出店が軒を連ねている。

花市③

花市⑤

花市⑦
色んな花が・・・・

花市⑥

花市①

鉢物もあります。

花市②

中でも蘭が目を引きます。


子供たちは
花市 金魚

こちらは金魚すくいではなく、金魚釣り。
それもすごい
釣り針ではなく、網が付いてます。 
エンドレスになりそう・・・・
その内、飽きる

結局、フラワーマーケットロードへ戻り、
目を引いた蘭と鉢を購入。

購入花

我が家の明日からの新年の幸運を祈り

鉢がステキでしょう~
ゴールドで『宝』と・・・・
宝物がたくさん舞い込みます






Tag:香港 観光スポット 花市 花墟道 フラワーマーケットロード

ダーリンのBirthday

夕食は何を作ろうか・・・・
悩みに悩んで決定

ジャーン

誕生日夕食①
いつもは白ワインを飲んでますがお肉料理なので赤ワインを用意


誕生日おめでとう

乾杯~



誕生日夕食②
ミートローフ
ダーリン大絶賛。嬉しい
喜んでもらえて、とっても幸せ~


誕生日夕食③
最後にアップルケーキ
ろうそくに火を点し、ダーリンに消してもらいました。

ダーリンのお誕生日
手作りでお祝いしました

喜んで貰えることの喜びを感じたひと時でした

Tag:記念日 cooking 誕生日 香港

街の至る所で見かけます。
利是封(お年玉袋)を売る露店商。


裕華國貨 正月飾り3
裕華國貨では特設会場が設けられていました。


正月飾り 正月飾り2
旧正月には欠かせない縁起物を売る。
玄関、部屋などに飾りつけ。



お年玉袋
利是  金や赤などおめでたい色の袋に「福」などの文字が入ったもの、
    龍や干支、こちらの苗字などが印刷されているものなど、種類も豊富。
    購入する時は迷っちゃいますね。
香港では、旧正月利是というお年玉を配ります。利是の相場は20ドルほど。
日本のお年玉と違って、香港利是は子供だけでなく独身の人なら大人でももらえる
妻帯者から独身者へ。
日本のお年玉とは随分違います。
また、日頃お世話になっている人にも利是を渡すそうです。


旧正月までの街は赤や金で色づいてます。
街ゆく人は福と書いてあるカレンダーを持っていたり・・・・・
旧正月に向けて準備してますね~


私は利是はもらえないわ~
配る方ですね

Tag:旧正月 香港 利是 裕華國貨

ランチ目的で油麻地へ。
しかし、目的のランチ先は早くも旧正月休みを取っていて入れず
美都餐室



気を取り直して、近所のお店へ。
ランチ先
有名人が来るお店のよう
来店者の写真がたくさん貼ってあります。

お勧めメニュー
お勧めメニュー 注文してから気が付きました~  誰かのサインが・・・・・

貝柱と大根
貝柱と大根の煮物

雲呑麵
雲呑 えびワンタン麺

紫菜四寶麵
紫菜四寶 海苔と4種団子入り

どれも美味しかったよ


食後、油麻地をてくてく・・・・・
合羽橋1 合羽橋2
東京の合羽橋を思わせる通り
「これは合羽橋だ~」と連呼。笑
香港にも道具街あったんですね~


てくてく・・・・
ミニパト前 ミニパト後ろ
ミニパト初めて遭遇
かわいい~


てくてく・・・・
合羽橋
油麻地警察
観光地化ですよ。
説明看板あります。
油麻地警察看板


てくてく・・・・
翡翠市場門 翡翠市場
五器市場 翡翠マーケット 
何件あるのかなぁ~
きれいな翡翠がたくさん陳列。
翡翠だけではありません。

この五器市場の道を挟んで
新填地街 露店商。 
衣類に果物、花や乾物を中心に露店が並んでいる。
新填地街

魚

果物

お菓子
真中のお菓子が気になってしかたない~

サトウキビ
さとうきび


新填地街を通り、廣東道へ
廣東道 翡翠あり 巨大翡翠
巨大翡翠が
廣東道と佐敦道の交差点あたりに 巨大なビルマ翡翠原石が飾られ、
台座に「香港玉器商會」と誇らしげに書かれています。
大胆なことをしますね。

このあとは、裕華國貨へ
『旧正月の用意』へ続く・・・・

Tag:観光スポット 油麻地 香港

香港へ来て半年がアッという間に過ぎました
香港での生活を何らかの形で残したいと思い、
香港生活を綴って行きます~
時には香港以外もあり・・・・

温かく見守ってくださいね

Tag:香港

WHAT'S NEW?

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。