FC2ブログ

Photo Gallery

旺角にある『Buono Italiano』へ

女人街にあります。
ボーノイタリアン2

ボーノイタリアン1

ボーノイタリアン3

ボーノイタリアン4

ボーノイタリアン5
椅子の下には籐の籠が・・・・
バックなどを入れるスペースが!
日本では結構見かける気遣いがあります。嬉しいです

ボーノイタリアン6
店内はとっても落ち着いている雰囲気~
ボーノイタリアン15


ボーノイタリアン7コロナビールで乾杯~

ボーノイタリアン8
『凱撤沙律』

ボーノイタリアン9
『黄金汁芝士 生蠔』
牡蠣にチーズが・・・・
絶妙のコンビネーション。
牡蠣とチーズが大好きな私には堪りません

ボーノイタリアン10
『三色風味鮮蠔杯』
ショットグラスに牡蠣が入って三つの味で楽しめます

ボーノイタリアン11
『酥皮●羊架』
ラム肉がパイの皮で包まれてます。
●⇒火へんに局という字 変換されず

ボーノイタリアン12
『朱古力熔岩 伴 雪糕』
ガトーショコラの中からチョコクリームが・・・・・
何とも言えぬ美味しさが・・・・



ボーノイタリアン14
おトイレもきれい!
安心して使用出来ます。
大きなポイントのひとつです。



= お店情報 =

<Buono Italiano>
意中人意大利餐廳

住所:NO.10 Tung Choi Street, Mong Kok, Kowloon, Hong Kong
   香港九龍旺角通菜街10號

電話:2881-0096

営業時間:11:00~23:00


スポンサーサイト



今日はよく歩きました。
旺角を起点に北は太子までの往復。
南は油麻地までの往復。
ざっと4駅分を歩きました~

まずは旺角にある『中國冰室』へ。
レトロ感がぷんぷんの冰室へ。
こちらでランチを済ませ、目指すは『雷生春』。

旺角~散歩1

『雷生春』1931年に建てられ、
典型的な唐楼(古くからの低階層建造物)の建物。

旺角~散歩2
雷生春は中国とイタリアの西洋建築様式を融合した香港30年代の珍しい古い建物であり、
香港特区政府に1級歴史建築文化財として指定された。
大好きなレトロ感が大いに感じられる~。
薬屋さんとして店を構えた。
今は1階には漢方の飲み物の販売コーナーがあり、
旺角~散歩3
2.3階は病院。
見学できるのは1階のみ。
9:00~13:00、14:00~20:00
行って見る価値、大ありです。


旺角~散歩4

旺角~散歩5

旺角~散歩7

旺角~散歩14

旺角~散歩10

旺角~散歩11

旺角~散歩12

旺角~散歩13
4種類の漢方飲料が販売されてます。
自分に合う漢方の飲み物を飲んでみるものいいかもしれません。
頂きました~

昔、多くの人が『雷生春』に足を運んでいたんだなぁ~を感じる一場面でした。

おトイレお借りました。
きれいです。
旺角~散歩9
旺角~散歩8



旺角~散歩15


雷生春をあとにてくてく歩いていると
旺角~散歩16

旺角~散歩17
長蛇の列が・・・・
餃子屋さんです。
この列を目の前にしたら食べたくなる~
しかし、先ほどランチを済ませたばかり。
次回持越しとしました。
名前の通り、きっと美味しいんだろーなぁ~
列が物語ってますね

太子までてくてく。
旺角~散歩18
この建物はブライダルに関するSHOPが軒をつられてます。

旺角~散歩19

旺角~散歩20

旺角~散歩21

旺角~散歩22

旺角~散歩23

旺角~散歩24
姫にダーリンに子供まで すべてここで揃ってしまいます。
昨年の挙式の時、私の靴とダーリンの一式揃えました
その節は大変お世話になりました

歩いていたら、ぷ~んと臭いにおいが・・・・
旺角~散歩25
そー臭豆腐です。
今でもまだ慣れない。
食べたことなし。
匂いを嗅いだら食べようとは思いません

金魚街  太子~旺角を走るネイザンロードの東よりの道路2つめ、太子からずんずん行くとやがて女人街へと続きます。
旺角~散歩26
この通りは金魚・熱帯魚・ペットショップが軒を連ねている。
水族館を思わせるお店も・・・・・
旺角~散歩27

旺角~散歩28

旺角~散歩29

旺角~散歩30

ディナーの時間まで時間があるので油麻地まで行くことに

旺角~散歩31

旺角~散歩32

旺角~散歩33
アンティークなレンガの建物
「赤レンガの館」で知られているこの建物は、窩打老道と上海街の角に1895年に建てられ、当時九龍半島に住む人たちへの真水供給のための浄水場(水務署浄水場の跡、浄水場技師の事務所)でした。
エンジンルーム、作業場、技師の事務所、煙突と4つの部分に分かれてた。
1920年以降は改築され郵便局として使用された。この近くには代書屋(手紙の代筆)が多かったので、郵便局になったと。1967年に郵便局が移転、その後再開発で建物自体の存続が危ぶまれた。今では技師事務所と外壁少しが残され、古物事務監督により保存されている建築物。
となりのビルととても対照的です。
古き良き香港を感じる一場面!



旺角~散歩41

旺角~散歩34

旺角~散歩43

1998年以来1億8千万香港ドルをかけて映画館から広東オペラ劇場に改装を行って、2012年7月に再オープンした。
以前の建物は映画館として1930年建設され、九龍で戦前から生き延びた唯一の劇場だった(過去には九龍最大の劇場)。
以前の建物が見たかった。

旺角~散歩36

旺角~散歩39

旺角~散歩37

旺角~散歩38

旺角~散歩40







旺角~散歩35
旺角~散歩42
油麻地果欄(ヤウマーテイ・フルーツマーケット)果欄という果物の卸しの市場
香港において主要な果物市場。ここの建築物は、1913年に建てられ、戦前の様子がわかる貴重なもので、3級歴史建築物として指定されている。90年代、長沙湾に食品卸売市場の建物ができ、大部分の業者は移ったが、現在もこの場所に残り営業を続けているお店もある。

夜中の2時くらいにせりが始まり朝には終わる。
でも朝行けばまだ開いているお店があり、残ってる果物を買うこともできるとか・・・・・
早起きした日にでも、安くて新鮮な果物を求めて足を向けてみるのもいいかもしれない。




上海街  道具街です。
調理、厨房器具専門店が並ぶ。
レストランや家庭のキッチンで必要なものはほとんどここで揃います。
食器類、グラス類、包丁、まな板、クッキー型、ケーキ型、チョコレート型、セイロ等など格安値段で手に入ります。
東京のかっぱ橋を思い出しました。
旺角~散歩44

旺角~散歩45
型 このキャラクター分かりますね!

旺角~散歩46

廟街(男人街)
旺角~散歩47
洋服・日常用品など屋台が並んでいる。
怪しいものも売られてます。


いい時間になり、廟街を後にディナーを求めて旺角へ向かいました


今日歩いた街。
奥が深い。
古き良き香港をとっても感じたい1日でした。
香港さんぽ☆快快楽楽です
行きたいお店のひとつ『中國冰室』
ランチを食べにお邪魔しました。

中國冰室1

中國冰室13
2階席へ直行

中國冰室2

中國冰室3
床のタイルが万華鏡を思い出させる

中國冰室4
レトロ感がプンプン漂う~

中國冰室5

中國冰室6

中國冰室7

中國冰室8

中國冰室9

中國冰室10

中國冰室11

中國冰室12


タイムスリップしたような感覚になったひと時でした


映画『つきせぬ想い』(1993年)のワンシーンに2階席が使用されているそうです。


=お店情報=

≪中國冰室≫

住所:Shop A, 1077Canton Road, Mong Kok
旺角廣東道1077A舖

電話:2392―7825

営業時間:6:00~19:00

定休日:なし

WHAT'S NEW?

ブログパーツ