Photo Gallery

香港の新聞にタイムリーにシンガポールの食の特集が載っていた

食べたい~と思い、行ってみました「牛車水」。

場所はチャイナ・タウン

ホテルから歩いて

2014Singapore301.jpg

2014Singapore304.jpg
漢方を扱うお店
2014Singapore302.jpg
店先には漢方茶
彼が「漢方茶買おう
体調が良くなるようにと・・・・

2014Singapore303.jpg
こちらを購入
いざ、飲んでみると
『良薬は口に苦し』とよく言ったものです
苦い、飲みづらい
飲んでから喉がすっきり
漢方って即効性ではないと思ってました
認識を改めなくては~

何だか元気が倍増

2014Singapore306.jpg


2014Singapore305.jpg
通りの両脇に並ぶカラフルなショップハウス。
コテコテの中華様式というよりはシノワズリーな雰囲気が溢れています

2014Singapore308.jpg
端から端までお店チェック

2014Singapore309.jpg

2014Singapore310.jpg
レトロ漂う佇まい
うっとり
2014Singapore311.jpg
こちらの屋台で
2014Singapore317.jpg
炒福建[虫+下]面(Fried Hokkien Prawn Noodle) $5.0


2014Singapore312.jpg
こちらでは
2014Singapore314.jpg
こちらのカップみたいなものに・・・・
2014Singapore315.jpg
こちらの具を入れます。
2014Singapore313.jpg

2014Singapore318.jpg
小金杯(Kueh Pie Tee)4pcs $4.5

食事が揃いました。
2014Singapore319.jpg

タイガービールで乾杯
まず小金杯
おつまみになる~
カップは焼売の皮みたいなものを揚げて
具は切り干しダイコンを戻したようなものを、
キューリとレタスの絨毯の上に・・・・
そして、玉子と砕いたピーナッツをトッピング
チリソースは添えてくれました。
甘味のあるカップのサクサク感と大根のしっとり感、
何とも言えない不思議な味わい。
珍しい食べ物が味わえ
ビールにピッタリ、おいしかった


炒福建[虫+下]面(Fried Hokkien Prawn Noodle)
エビ焼きそばである。
ホッキエン・へー・ミー(英語 Hokkien hae mee、Hokkien prawn noodles)とも呼ばれる。
「黄麺」と呼ばれる中太の卵麺を用い、小エビ、イカ、炒り卵、もやしなどの具を入れて炒める。
グチャグチャしている麺を食べると、芳醇な海鮮中華味が口に広がります。

「牛車水」来て正解でした。
珍しい食べ物にありつけましたから

夜の街を・・・・・
2014Singapore320.jpg

2014Singapore321.jpg

2014Singapore323.jpg


2014Singapore322.jpg
明日の見学コースとのこと・・・・

2014Singapore324.jpg

2014Singapore325.jpg

2014Singapore326.jpg

2014Singapore327.jpg

2014Singapore328.jpg
こちらの一角がホテルになってます。
このような建物で過ごすのステキです
至福の時が過ごせそう
分かっていたら、彼にオーダーしていたなぁ~

2014Singapore329.jpg

2014Singapore330.jpg

2014Singapore331.jpg

2014Singapore332.jpg

2014Singapore333.jpg
ホテルまで戻る道は遠回りになったけど、
わくわくしながら戻り、楽しい夜さんぽとなりました

  ⑨へつづく

ペーパーチキンの『嘉臨門大飯店 Hilman Restaurantをあとに
リトル・インディアの午後の部スタート

2014Singapore242.jpg

2014Singapore243.jpg

2014Singapore244.jpg

しばらく、てくてく・・・・
ステキな景色を見ながらだから、苦にならない
2014Singapore245.jpg

2014Singapore247.jpg
ベランダのところ、壁のタイルにズームイン
2014Singapore246.jpg
何ともかわいいタイルだこと~
2014Singapore248.jpg
ズーム
2014Singapore249.jpg
1924年の建物・・・・・この地で120年の時を刻んでいるのね

2014Singapore250.jpg
カンポン・カポメソジスト教会
ステキ
中はお邪魔できなかった。 残念

2014Singapore251.jpg
スリ・ヴィラマカリアマン寺院
1881年にインド・ベンガル地方から移住してきた労働者に
よって建てられたヒンドゥー寺院。
ヒンドゥー教の二大主神であるジヴァやヴィシュヌをはじめ、
破壊の神カーリーや幸運を司る神ラクシュミいった神々が祭られている。

残念のことに、改修工事中で殆ど、見学できませんでした。
2014Singapore252.jpg

2014Singapore254.jpg
入口のゴーブラム(高門)もシートが覆いかぶされており、観られず
2014Singapore256.jpg


2014Singapore257.jpg


2014Singapore258.jpg
動物園・・・・そんなことはない
2014Singapore259.jpg
飲食店のよう

2014Singapore260.jpg
トライショーという乗り物。
2014Singapore261.jpg
乗りたかったなぁ~

2014Singapore274.jpg

2014Singapore2732.jpg



2014Singapore262.jpg


2014Singapore268.jpg
リトル・インディア・アーケード
インド音楽を扱うCDショップやサリーのお店、
インドの民芸品店などが集まる建物。

2014Singapore269.jpg
カラフルなスイーツ

2014Singapore271.jpg

2014Singapore270.jpg
こちらでは簡易なタトゥーが・・・・
1週間ほどで消えるとか・・・・

2014Singapore272.jpg

2014Singapore273.jpg

2014Singapore275.jpg
電車で移動。サマセットへ

2014Singapore276.jpg
JCBラウンジ シンガポール
香港でもお世話になっている

2014Singapore281.jpg


2014Singapore278.jpg
ツアー・ガイドのパンフがずらーり

2014Singapore279.jpg
PC,マッサージ機
マッサージ機使わせて頂きました。
脚が楽になりましたありがとうございます。

2014Singapore280.jpg
お茶のサービス

2014Singapore277.jpg
なんと「微熱山丘」のパイナップルケーキ
パイナップルの果肉が入っている、さっぱり味の餡
折角なので頂きました
JCB太っ腹
至れり尽くせり。
JCBラウンジ感謝

オーチャード通り
2014Singapore282.jpg
高島屋
ブランドショップが・・・・・

2014Singapore283.jpg
ION Orchardの中に2店舗あるTWGティー
1階店舗
2014Singapore284.jpg


2014Singapore285.jpg
2階店舗
2014Singapore287.jpg

2014Singapore288.jpg

2014Singapore289.jpg

2014Singapore290.jpg

2014Singapore291.jpg

2014Singapore292.jpg
かわいいティーセット
2014Singapore293 - コピー
我が家の紅茶を量って頂いてます

2014Singapore294.jpg
購入した紅茶「1837 BLACK TEA」

2014Singapore299.jpg


2014Singapore300.jpg
このマネキン分かります~
胴体部分が・・・・・

IONを出たら、物凄いどしゃ降り
少し雨宿り~

ここから一旦ホテルに戻りました。

       ⑧へつづく



リトル・インディアをいくつか見学し、そろそろランチへ
2014Singapore227.jpg


ランチは「海外行くならこーでね~と!」で取り上げられていた
『嘉臨門大飯店 Hilman Restaurant』
ペーパー・チキンが看板メニューのレストラン
2014Singapore239.jpg

2014Singapore238.jpg

2014Singapore228.jpg

2014Singapore237.jpg

番組内で紹介されていたこちらの「ペーパーチキン」を食べるため・・・・・

2014Singapore229.jpg

2014Singapore230.jpg


2014Singapore241.jpg
メニューには日本語表記があります。
嬉しい~
それだけ日本人が来るって事ね

2014Singapore231.jpg
付きだし

汗もかき、ビールも頂きます。
銘柄はタイガービール
のどに沁みる~

2014Singapore233.jpg
脱骨紙包鷄(鷄の紙包み揚げ)
2014Singapore234.jpg

紹興酒やオイスターソースをベースにして作られたタレに漬けこまれた鶏肉を
紙に包んで焼き上げた「ペーパー・チキン」が絶品
紙が肉のうまみを封じ込めるので、チキンは柔らかくて肉汁が
溢れ出てきて、もう最高
どのテーブルを見ても、必ずこのペーパー・チキンが並んでいます。

2014Singapore232.jpg
蒜茸瓮菜(空芯菜のにんにく炒め)

2014Singapore235.jpg
乾炒牛肉河粉(フォーファン(きしめん風)と牛肉の炒めもの)
きしめんは短い、ぶつぶつです。
味は濃いめと感じました。

どのお料理もビールが合います

ビールもお料理もアッという間にお腹の中に納まりました
美味しいかったなぁ~

2014Singapore240.jpg
店先には紹介された新聞や雑誌が貼ってあります

2014Singapore236.jpg
店内に飾られている店名の看板
重厚感が漂います

肉汁い~っぱいのジューシーなペーパー・チキン
病みつきになっちゃいます
シンガポールに来たらここは絶対に外せない

午後の部の見学へ

  ⑦へつづく

嘉臨門大飯店 Hilman Restaurant
135 Kitchener Road, Singapore
6221-5073
11:30-14:30/17:30-22:30
無休

昨日の疲れなのかイマイチの体調のせいなのか・・・・・
起床が9時回ってました
朝食はホテルで済ませて・・・・
昼前にホテル出発

MRTでファラー・パークへ

千燈寺院目指し
手前に『福寿堂』 2014Singapore168.jpg

2014Singapore167.jpg
門が閉まってます。中に賽銭箱があります。
お寺なのかしら

並びに『龍山寺』
2014Singapore169.jpg

2014Singapore172.jpg
リトルインディアにある道教のお寺。
2014Singapore170.jpg


2014Singapore171.jpg
屋根の装飾も必見です。
2014Singapore181 - コピー

1歩中へ入ると優しいメロディーが聞こえてきます。
とっても心地いい~

2014Singapore173.jpg
観音像が祀られていて厳かな雰囲気を醸し出しています。
2014Singapore174.jpg

2014Singapore175.jpg

2014Singapore176.jpg

2014Singapore177.jpg

2014Singapore179.jpg




龍山寺の北方向にプラナカン建築物があります。
2014Singapore180.jpg

2014Singapore182 - コピー

龍山寺の斜め向かいに
2014Singapore183 - コピー


2014Singapore184 - コピー
『悟佛寺』
2014Singapore185 - コピー
狛犬が迎えてくれます。
2014Singapore186.jpg

2014Singapore187.jpg

2014Singapore188.jpg
土足厳禁です。


お隣の『シャカムニ・ブッダガヤ寺院(Sakya Muni Buddha Gaya Temple)』  
2014Singapore189.jpg
高さ15mの巨大な仏像が、法灯に囲まれ鎮座している。
法灯が千あることから別名千燈寺院(Temple Of Thousand Lights) ともいう。
2014Singapore210.jpg

2014Singapore213.jpg

2014Singapore211.jpg
狛犬ではなく・・・・・

中国では、虎は獰猛さと庇護を意味し、獣の王として生命力と
動物的エネルギーの象徴として崇められてきた。
また、紙のお供え物の側にある麒麟も、中国では特別な意味を持つ動物。
2014Singapore212.jpg
左側は豹
左右異なるんですね~
不思議

1927年 タイ仏教僧のブティサーサラ師は、シンガポールに仏教と
瞑想を広めるために三体の仏像とともにシンガポールへ。
寺院をどこに建立すべきか調査した結果、インド人と中国人が寄り
集まっている所であるという理由から、現在の場所に決まったと言います。
最初は中にはを構えた木造築から始まり、段階を経て現在の姿へと
変わって行きました。

第二次世界大戦中は、寺院は爆撃されないという事から
避難所として使われてました。
また日本軍による占領中は、イギリス人捕虜達がボランティアに
見せかけて道路のクズ拾いをしながらイギリス本国にいる家族に
文章や手紙を書き送るのに、当寺院は一躍買いました。
日本軍のシンガポール攻撃前からタイは日本に対して門戸を開けて
いたことから、独特のシャム様式のシャカ・ムニ・ブッダガヤ寺院は
別段問題にもされずに放っておかれたのです。しかし皮肉なことに、
戦後イギリス駐留軍が撤退した後、寺院関係者は嫌疑にかけられ、
ブティサーサラ師でさえ拘留され喚問されたのです。

ブティサーサラ師は寺院内で宗教儀式を行い、釈迦湟築仏の
安置された聖所で瞑想することに一生の大半を費やした後、
1974年に94歳で世を去りました。
遺灰の一部は、寺院の裏にあるブティサーサラ師の像の前の
お堂に今も収められています。


2014Singapore190.jpg
仏像はマイトレーヤ(彌勒菩薩)で仏典によると仏蛇の次に
且つ最後に現れる仏のお姿と言われている。
丸々と太ったお腹と笑顔が非常に中国的であり、笑う仏様とも呼ばれている。
2014Singapore191.jpg

2014Singapore192.jpg

2014Singapore196.jpg
台座には仏陀の足跡を伝える彫刻と生涯を描いた仏教画が施されている。
2014Singapore197.jpg

2014Singapore198.jpg
仏教旗と色彩
仏教旗は、仏蛇が菩提樹の下で悟りを開いた時に、身体から
発せられたという5色の光線(青、黄、赤、白、オレンジ色)で構成されている。


像の裏手にある部屋では、寝釈迦仏が見学できる。
2014Singapore193.jpg

仏教について
仏蛇とは、インド、そして全世界に仏教を紹介し広めた人のこと。
王子ゴータマ・シャダルタとしてインドに生まれ、29歳になるまで
何不自由のない生活を送っていましたが、ある日お忍びで外の
世界を垣間見て、避けられない人生の苦しみという現実を
目のあたりにしました。その後王国を去り、人生の苦しみから
逃げるために苦行生活に入ります。
そして、35歳の時、菩提樹の下で瞑想中に、ついに悟りを
開いて仏蛇になりました。当寺院の大仏の台座には、
王子ゴータマ・シャダルタの生涯が描かれています。

仏教は本質的に実存主義で、人間の苦しみの理由
と解決方法を説いています。
仏教の主要教義は4つの心理から構成され、人間のありさまを
分析し、悟りを開くための8つの道を教えています。

4つの心理
人間には苦しみがあり、苦しみは煩悩がある故に起こり、
煩悩が去ると苦しみは無くなり、八正道を実践することにより
苦しみからの自由を得ることが出来る。

八正道とは正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定のこと。

仏蛇はこれらの心理に目覚めてから、残りの人生を、インド中に
仏教の哲学を説いて回る旅に費やした。そして80歳の時に、
現在のネパールのクシナラという村で生涯を閉じた。
2014Singapore194.jpg
タイ仏教僧のブティサーサラ師
2014Singapore195.jpg
この象の顔を持った神はヒンドゥー教から来ています。
中国人の間では、障害を取り除いてくれる神として、信仰され、
ヒンドゥー寺院にまで足を運ぶ信者もいたほど。
そして信者達の強い要望と寄付によってこの像が建てられ、
彼ら自身によって像と後ろの壁は色彩豊かに塗られていった。
ガネーシャは非常に食べることが好きな神だと言われ、
その誕生日にはミルクとインド風クッキーが信者達によって
お供えされています。

2014Singapore199.jpg
曜日の仏像
日曜日(Sunday)の仏陀(瞬きせず見つめる立像)
   両手をお腹の上に組んだ姿(右手が上)で菩提樹を見つめている立像。
   Seven Days Looking 7日間の瞑想(一週間を見通す)

月曜日(Monday)の仏陀(飢餓・日照りを制止する立像)
   左手を下ろし、右手のひらを胸の辺りで外側に向けて、飢餓・日照りを制止する立像。
   Preventing Calamities   災難を避ける(飢俄・日照りの制)

火曜日(Tuesday)の仏陀(寝釈迦像)
   (枕の上に)右手を乗せその手のひらに頭を抱え、左手は腰の辺りまで伸ばし、
   目を閉じ両足を揃えて横になった寝釈迦像。
   Realizing Nirvana 悟りを開く

水曜日(Wednesday)の仏陀(鉢を抱える仏像)
   両手でお布施の鉢(バート)を前に抱え、キチンと足を揃えた立像。
   Begged お布施をする

木曜日(Thursday)の仏陀(瞑想する座像)
   左手を下にして(右手を上に置き)手のひらを組み、
   右足を上に胡座をかいて瞑想する座像。   
   The Meditating Buddha 瞑想する

金曜日(Friday)の仏陀(仏法・伝道について瞑想する仏像)
   右手を左手の上に置き、胸元で交差させて、仏法・伝道について瞑想する立像。
   Contemplating Buddha 法を説く

土曜日(Saturday)の仏陀(ナーガの保護で瞑想する座像)
   右手のひらを上に手を組み、背後にいる7本頭の蛇(ナーガ)に保護されて瞑想する座像。
   Protected By The Naga King ナーガ(7本頭の蛇)が守る


2014Singapore200.jpg
四面ブラーマ像
この像はヒンドゥー教の三位一体の創造者であるブラーマ。
全宇宙を創造したとされることから、四面を向いて描かれている。
ブラーマ像は仏教がインドに起源を持つことを連想させます。
一説によると、ブラーマは仏蛇が悟りを得た時に立ち会ったとさえ言われている。


2014Singapore201.jpg
釈迦牟尼仏
一番の見所は、重さ300トン、高さ15メートルのコンクリートで
出来た釈迦牟尼仏の座像。
仏像は寺院内で建設され、989個も法灯がめぐらされてる。
この法灯は参拝者からの寄付があった時に感謝の意を込めて灯される。

仏蛇の一生を描いたジオラマ
このジオラマは、およそ紀元前6年頃、ゴータマ・シッダルタ王子が
何不自由のない王族として生活を捨て、真理を求め人間の苦しみの
意味を探究し、昇華させる旅に出たという物語りを表している。
この小立像はインド人彫刻家によって制作されたことから、
仏蛇の風貌は完璧なインド人風に仕上がっている。



占いは多くの寺院で行われています。
実際、占いは自分をよく知りこれからどうするべきかを
知るきっかけになると信じられています。

2014Singapore203.jpg

2014Singapore205.jpg

2014Singapore206.jpg

円筒形の回転卓を回して自分の運勢を知る占い
回す際に男性は右に、女性は左に回す。
男性と女性では、気が流れる方向が違うと信じられているため。
外輪に描かれている12支の動物がそれぞれに意味をもっており、
どこに止まるかによって運勢を知らせます。
料金は1回50セント。


寺院での儀式と行事
定期的な法要は行なっていない。
ただ、ペサック・デイには、タイから僧侶を呼び儀式が行われる。
ペサック・デイは、仏教徒にとって重要な3つの出来事、
すなわち仏蛇が誕生し、悟りをひらき、永遠の至福である
湟槃に入ったことを祝う行事。

寺院内には沢山の廟があり、参拝者は線香を燃やし、
油やミルク、時には金製品をお供えする人もいる。
本尊の釈迦如来の前には様々な仏の像が置かれ、参拝者は絶えない。
その仏の中に「慈悲の仏」として知られる観音菩薩もおられる。
仏教において、観音菩薩は人間が本来持っている慈悲の心を
象徴しており、観音菩薩をイメージして祈ることにより、
私たちはそれに目覚めるとされている。
観音菩薩は世俗の汚れに触れることなく、
清廉の象徴である蓮の上に立たれている。

2014Singapore209.jpg
菩提樹の樹皮
菩提樹の樹皮と、仏蛇の足跡が納められている。
これは仏蛇が悟りをひらいたといわれるインドの
ボダ・ガヤというところにあったもの。
この場所は仏蛇の聖地として残っている。
菩提樹の樹皮は、シャカ・ムニ・ブッダガヤ寺院の創設者に
よってシンガポールにもたらされた。

仏蛇の足跡の複製
黒檀と真珠貝からできたブッダの足跡がある。
子の足跡の上にある印が王子シッダルタが成長の後に
偉大な国王あるいは賢人になることを予言したと言われる。

2014Singapore207.jpg

2014Singapore208.jpg

<注意>
シャカムニ・ブッダガヤ寺院では日本語のガイドが置いてあります。
それを手にしながら寺院内を廻ることができます。
ガイドがあると分かりやすいと思います。
私たちは終わりにそのガイドがあることが分かりました。
寺院内は入ってすぐのところにあります。



『スリ・スリニヴァサ・ペルマン寺院(Sri Srinivasa Perumal Temple)』
2014Singapore224.jpg
重要記念建築物に指定されたヒンズー寺院。

2014Singapore223.jpg

2014Singapore222.jpg


2014Singapore221.jpg
人から徐々に変わってます。


2014Singapore214.jpg
広々とした寺院内で見上げるだけで、色とりどりの像が楽しめる。

2014Singapore215.jpg

2014Singapore216.jpg

2014Singapore217.jpg
カラフルな天井
2014Singapore218.jpg

2014Singapore219.jpg
ヘビの上で優雅に寝るヴィシュヌ像
「この世はヴィシュヌの夢に過ぎず、ビシュヌが目覚めれば
一瞬で消えてしまう」ということを表している。
ヴィシュヌの額にはU型のマークがあり、手には法螺貝や
円盤や棍棒を持っているのが特徴。
ヴィシュヌがこの法螺貝を吹き鳴らすと、悪魔が震え上がるといわれてます。
寺院内部の至るところにも、U字と法螺貝と円盤のモチーフが刻まれている。

2014Singapore220.jpg


ヴィシュヌの左側には「アヴァターラ」と呼ばれる彼の化身たちが並んでいます。
Web上で利用されるキャラクターの「アバター」は、これが語源だと。
右側から順番に、ひとつひとつの化身たちの彫像。
すべての化身の額に、ヴィシュヌに属する者であることを
意味するU字型のマークが入っていることにも注目です。

1. マツヤ-巨大な魚。大洪水を預言し、船にあらゆる種子と生き物と聖仙を
乗せるように忠告した(「ノアの方舟」に似てる)。

2. クールマ-巨大な亀。神々が不死の霊液「アムリタ」を
海から取り出そうとした際に活躍した。

3. ヴァラーハ-巨大な猪。大地が海の底に沈んだ際に、
牙にひっかけてその大地を持ち上げた。

4. ナラシンハ-頭部がライオンで体は人間。魔神にも人間にも獣にも
殺すことのできない「ヒラニヤカシプ」が世界を征服したときに、神でも
人でも獣でもないナラシンハが彼を倒した。

5. ヴァーマナ-修行僧の小人。魔族の王バリに「3歩で歩ける
だけの土地」をもらう約束をし、望みが叶えられることになった途端、
巨人になって世界を3歩で歩いてみせた。

6. パラシュラーマ-斧の達人。斧で貴族・武人階級のクシャトリアを
一掃しました。バラモンとクシャトリアの対立を反映した伝説と言われてる。

7. ラーマ-叙事詩「ラーマーヤナ」の主人公で、弓の名手。
さらわれた妻を取り戻すために魔王ラーヴァナを倒した。

8. バララーマ-クリシュナ(「9」を参照)の兄。叙事詩
「マハーバーラタ」ではさらわれたクリシュナの息子を助けた。

9. クリシュナ-「マハーバーラタ」の主人公で、笛の達人の美青年。
武芸に秀でた英雄で女性にモテモテ。とても人気のある神様。

10. カルキ-馬頭の巨人。世界が終わるときに現れて、
悪を絶滅するという役割を持っている。


2014Singapore225.jpg
スリ・スリニヴァサ・ペルマン寺院の真向いにもプラナカン建築物が・・・・・
結構、至る所で見かけます
2014Singapore226.jpg


これからランチ先へ~

  ⑥へつづく

シティ巡りを終え、今日の最大イベント()でもある
世界最大の観覧車シンガポール・フライヤー


2014Singapore136.jpg
マーライオンが描かれているオープントップバス

2014Singapore139.jpg
香港と異なる形の消火栓
スリム~

2014Singapore140.jpg
フライヤーの足元にあるアイスクリームさん

2014Singapore135.jpg
向かう途中にフライヤーがディスプレイされてました。

2014Singapore138.jpg

2014Singapore146.jpg


フライヤーの下ではホーカーズが・・・・
2014Singapore143.jpg
2014Singapore145.jpg

2014Singapore142.jpg
フライヤーを真下から


乗車前の待ち合い室から
2014Singapore141.jpg
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

2014Singapore147.jpg

2014Singapore148.jpg

2014Singapore149.jpg

飲み物のオーダーも済ませて・・・・

2014Singapore160.jpg
スカイダイニング・フライトで大型観覧車に乗り込みます。
1周30分
スカイダイニング・フライトは2周します。

2014Singapore154.jpg

2014Singapore155.jpg

2014Singapore156.jpg


2014Singapore153.jpg


2014Singapore150.jpg

2014Singapore151.jpg
サラダ

2014Singapore152.jpg
かぼちゃのスープ

2014Singapore158.jpg


2014Singapore161.jpg


2014Singapore159.jpg
シンガポールの夜景はふたりのもの

2014Singapore162.jpg

2014Singapore163.jpg

2014Singapore164.jpg
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

2014Singapore157.jpg
1時間の空中ディナーはアッという間でした。
シンガポール来たら、シンガポール・フライヤーは外せません

2014Singapore165.jpg
よくこのようなものを考えたものです。
観覧車の中で食事が出来るとは・・・・・
しかし、トイレはありませんので、飲み過ぎには注意が必要です


2014Singapore166.jpg
MRTでアウトラン・パークまで
シートはプラスチック製
香港と一緒で網棚はありません。

今日はシティ巡りで結構歩き、足が疲れた
何とか無事に1日目が終わりました。
ゆっくり休みます

『OSO』でランチを頂き、その足でMRTラッフルズプレイス駅へ

2014Singapore46.jpg

2014Singapore47.jpg

2014Singapore48.jpg
バイクの前面にナンバープレート
日本ではこうではないと思う
もちろん後面にも付いてます。

2014Singapore49.jpg
カヴェナ橋
2014Singapore50.jpg
フラトンホテル   リバーサイドに華麗に達レイキ的建造物
1928年に建築され、戦後から1996年まで中央郵便局として使用され、
その後、改築をへて2001年にフラトンが誕生。
2014Singapore51.jpg
8階までの吹き抜けのロビー

2014Singapore52.jpg

2014Singapore53.jpg

2014Singapore54.jpg



シンガポールの顔であるマーライオン
2014Singapore56.jpg
大きいものを想像していましたが意外と小さい・・・・
2014Singapore55.jpg
マーライオンとマリーナ・ベイ・サンズ

2014Singapore57.jpg

2014Singapore58.jpg

2014Singapore59.jpg
小マーライオンと・・・・・

2014Singapore60.jpg

2014Singapore61.jpg

アジア文明博物館 見学
2014Singapore62.jpg
アジアの文明遺産を紹介する博物館。
異なるアジア民族の美術品、工芸品、祭祀用品から日用品まで
バラエティ豊かな展示内容。
2014Singapore63.jpg

2014Singapore64.jpg

2014Singapore65.jpg

2014Singapore66.jpg

2014Singapore67.jpg

2014Singapore68.jpg

2014Singapore69.jpg
ズーム
2014Singapore70.jpg

2014Singapore71.jpg

2014Singapore72.jpg

2014Singapore73.jpg
この笑顔見ていたら、こちらも笑顔になってしまう
2014Singapore74.jpg

2014Singapore75.jpg

2014Singapore76.jpg

2014Singapore78.jpg

2014Singapore79.jpg
ガナーシャ

2014Singapore80.jpg

2014Singapore81.jpg

2014Singapore82.jpg

2014Singapore83.jpg

アジア文明博物館を後に・・・・
2014Singapore84.jpg
撮影されてます。
何の撮影なのかしら

2014Singapore85.jpg

2014Singapore86.jpg
シンガポール川

2014Singapore87.jpg
小休憩

2014Singapore88.jpg
マンゴーアイス
カチカチでなかなか食べれませんでした

ラッフルズ卿上陸地点(記念像)
2014Singapore89.jpg
白亜のラッフルズ卿像
2014Singapore90.jpg
「近代シンガポールの父」と呼ばれるトーマス・スタンフォード・
ラッフルズ卿が1819年に初めてシンガポールに上陸した場所。

2014Singapore92.jpg

2014Singapore91.jpg


2014Singapore93.jpg
旧最高裁判所

2014Singapore94.jpg

2014Singapore95.jpg


2014Singapore96.jpg
セント・アンドリューズ教会
1836年ラッフルズ卿に指示で建てられた英国教会。
落雷で破損し、現在の建物は1863年に再建(ゴシック様式へと改修)されたもの。

2014Singapore97.jpg

2014Singapore98.jpg

2014Singapore99.jpg

2014Singapore100.jpg

2014Singapore101.jpg

2014Singapore102.jpg



プラナカン博物館へ向かう途中
アルメニアン教会
2014Singapore103.jpg
1835年に建てられたシンガポール最古のキリスト教教会。
規模は小さいながらも白い尖塔とドーリア様式の柱が美しい教会で、
アーチ型の窓で彩られた教会内部は、建築当時のままの姿を見せています。
シンガポールの国定史跡として記念建造物となっている。
2014Singapore104.jpg
アルメニア教会の宗派は英語では「オーソドックス」と訳される ギリシャ正教です。
2014Singapore105.jpg

2014Singapore106.jpg

2014Singapore107.jpg
裏庭にはキリストの彫像がありました。
2014Singapore108.jpg

2014Singapore109.jpg
シンガポール切手博物館
後から知りました。
気になり、写真だけは撮りました。
今回体調もイマイチで全て彼任せ。
地図も見ていなく・・・・

2014Singapore110.jpg
プラナカン博物館
2008年にオープンしたプラナカンの文化を伝える博物館。
2014Singapore111.jpg
プラナカンとは、この地の女性と中国出身の貿易商人が結婚し、
定住した人々のルーツを指す。
その後、中国風の伝統とアジアの風習が溶け合って、
独自の文化をもつようになった。

2014Singapore112.jpg

2014Singapore113.jpg

2014Singapore114.jpg

2014Singapore115.jpg

2014Singapore116.jpg

2014Singapore117.jpg

2014Singapore118.jpg

2014Singapore119.jpg

2014Singapore120.jpg

2014Singapore121.jpg



チャイムズ

2014Singapore122.jpg
1854年に設立されたフランス系の修道院を修復し、
レストラン、バー、ショップなどが集まる、お洒落な複合施設として1996年にオープン
2014Singapore124.jpg

2014Singapore125.jpg

2014Singapore126.jpg

2014Singapore127.jpg

2014Singapore128.jpg

2014Singapore129.jpg

2014Singapore130.jpg

2014Singapore131.jpg

2014Singapore132.jpg

2014Singapore134.jpg

チャイムズがあるニュー・ブリッジ・ロードの向かいに
これから工事を行なうよう。
その中の建物は何と教会
2014Singapore123.jpg
こちらの教会もチャイムズのようにエンターテイメント・スポットとして
生まれ変わるのでしょうか

  ④へつづく
体調がイマイチで彼との間も何だか嫌ーなムード・・・・・


2014Singapore25.jpg
プラナカン建築物
2014Singapore26.jpg

2014Singapore27.jpg


彼がそのムードを断ち切ろうと選んだお店は
ホテルのすぐお隣にあるイタリアン料理 『OSO Ristorante』
2014Singapore43.jpg

ステキな佇まい
テンション一気に上がる~
身体がだるくてあまり動きたくなかった。
その気持ちを察してくれました。

2014Singapore44.jpg
初日からプラナカン建築物の中のでお食事~
2014Singapore45.jpg
入口入って右側に箸という日本料理店

『OSO Ristorante』は左の奥の階段を登り2階へ
2014Singapore28.jpg


2014Singapore32.jpg
席数も結構な数あります。
2014Singapore33.jpg
奥には大きなワインセラー


チーズ専用のコーナーが在ります
2014Singapore30.jpg

2014Singapore39.jpg
中の写真を撮らせてくれました
2014Singapore38.jpg
チーズに囲まれ、この空間いいわ~

2014Singapore29.jpg

2014Singapore31.jpg


2014Singapore34.jpg
チーズのサラダ
チーズが大好きなので彼が選んでくれました。
たまらなく美味しい

2014Singapore35.jpg
パスタとリゾットを注文
シェアするのかと訪ねられ、Yes
初めから分けてきてくれました。
助かる~

2014Singapore36.jpg
こちらがパスタ
麵ではなく円盤の形をしています。
2014Singapore37.jpg
円盤の中

美味しいお料理と共にシャンパンと白ワインを頂きました~
昼間のお酒でほろ酔い気分
体調イマイチも吹き飛んじゃう~



いつもチェック
2014Singapore41.jpg
ステキなお店ですから、こちらもきっちりされてます。
気持ちよく、使うことが出来ます
2014Singapore42.jpg
女性に必要なものも揃えてあります。

こちらのお店は
"シンガポールで1番美味しいイタリアン" と評判のことです



『OSO Ristorante オッソ・リストランテ』
MRT アウトラム・パーク駅から徒歩1分。
ブキ・パソ・ロードにあります。
46 Bukit Pasoh Rd.
TEL 6327-8378
http://www.oso.sg/home.html



  ③へつづく

今年の旅行はどこにしようか
あれこれ悩んだ
決まったのが・・・・・

今日から5泊(機内1泊)6日のシンガポールの旅へ~

前日から私、風邪を引いたようで体調がイマイチ
酷くならないことを願って出発
2014Singapore1.jpg
香港国際空港から

2014Singapore2.jpg
SCOTT機でシンガポールへ

2014Singapore3.jpg
6:55発
定刻通りの出発でした。

2014Singapore4.jpg
シートの色で料金設定があるよう~

2014Singapore5.jpg
機内から

CHANGI空港到着
予定より40分ほど早く着きました。

ターミナル1-3まであり、2に到着

2014Singapore6.jpg
分かりやすいごみ箱
思わずパチリ

2014Singapore7.jpg
無料のマッサージ器
このサービスはとって有り難い
帰りは真夜中発なのでゆっくりと使わせて頂きまーす

2014Singapore8.jpg
オーキッドガーデン
色とりどりの蘭の花やハイブリッドが咲き乱れてます。
2014Singapore9.jpg
池には鯉が泳いでます。

2014Singapore10.jpg
子供がお絵かきできるコーナー

入国審査、トイレ・・・・・
至る所に採点を付けるボードが設置されてます。
写真撮り忘れ~
サービス等に心がけているのが伺えます。

飛行機から地下鉄に乗り換えて
香港ではMTR
シンガポールではMRT
2014Singapore12.jpg
”イージー・リンクカード”
香港で言うオクトパスカードみたいなもの。

2014Singapore11.jpg
いざ、ホテルがあるアウトラン・パーク駅目指し

2014Singapore13.jpg

2014Singapore14.jpg

2014Singapore15.jpg
タナ・メラ駅で乗り換えて
表示が香港を思わせる
しかし、簡体字表記です。
香港は繁体字。
日本人にとっては繁体字の方が解読しやすい

アウトラン・パーク駅の上にあるホテル
2014Singapore16.jpg
出来てまだそれほど経っていない新しいホテルです。
きれい

2014Singapore17.jpg
最上階

2014Singapore18.jpg
これから4日間お世話になります

2014Singapore19.jpg

2014Singapore20.jpg

2014Singapore23.jpg

2014Singapore24.jpg

ちょっと身体がシンドイ


荷物を置き、ランチへ

   ②へつづく



いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

彼の友人 来港⑧  最終日の朝食は『糖朝』で

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

彼の友人 来港⑦ ポルトガル料理『新口岸葡國餐廳』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

彼の友人 来港⑥ マカオへ   世界遺産見学と噴水ショー

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

銅鑼湾(トンローワン)の喜喜冰室へお邪魔しました
201405喜喜冰室1
前回お邪魔した時に食べれなかった、看板メニューが食べたくて・・・・・・
201405喜喜冰室2

201405喜喜冰室4
お邪魔した時間も時間でしたので店内ゆったり~
201405喜喜冰室3
丁度、ボックス席が空き、
座らせて頂きました。

201405喜喜冰室9

201405喜喜冰室10

注文は決まっていたのですぐにオーダー
201405喜喜冰室5

201405喜喜冰室6
まもなく、お目当ての特餐 52HK$+3HK$(冷たい飲み物)
コーヒーか紅茶が付いたセットメニュー

201405喜喜冰室7
鷄批浮台(チキンパイのグリーンピーススープ)
スープの中にパイが浮かんでます。
持て来た時にケチャップ必要か訪ねられ、
どうかわからないけど、トッピングして頂きました。(パイの中へ注入~)
このトマトケチャップがアクセントになり、美味~
スープは冷めていて減点

セットのもう一つ
201405喜喜冰室8
香蕉班戟(バナナとくるみのパンケーキ キャラメルソースかけ)
結構なカロリーだと思います。
毎日食べるわけでもないので・・・・・

キャラメルソースがとっても甘ーい
違うトッピングもメニューに加えてもらいたいな。

ノスタルジックな雰囲気の中、落ち着いた静かな時間が流れています
時間があり、食後はゆっくり読書を・・・・
好きな空間でゆっくり出来ることが幸せ~



=お店情報=

<喜喜冰室 Match Box>

住所:銅鑼灣加寧街8號海倫大廈地下
G/F, Highland Mansion, 8 Cleveland Street, Causeway Bay

TEL:2869-0363

営業時間:8:00-23:00
     
定休日:なし

http://www.cafematchbox.com.hk/

銅鑼灣にもう1店舗あり。
いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

彼の友人 来港⑤ マカオへ  有名ポルトガル料理 『公鶏葡国餐庁 GALO』 

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-290.html


これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

彼の友人 来港④  フェリーで中環(セントラル) 『蘭桂坊(ランカイフォン)』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-287.html





これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

九龍駅にあるチェックインカウンターの下見へ

来月帰国する際に使用するので事前チャック

九龍駅にあるチェックインカウンターで
その日に搭乗する飛行機のチェックインが行なえます。
帰国する日の朝、こちらでチェックインし、
荷物を預けて受け取りは帰国先のタウンテーブルで。
手ぶらで最終日、搭乗するまで観光など満喫できます。
利用するのオススメ


場所の確認完了


エレメンツの中をブラっとし、

エレメンツスケート1
こちらにアイススケート場があります
みなさん、気持ち良さそうに滑ってる~

あら
エレメンツスケート2
ペンギンにイルカも滑ってる
補助具でした~


エレメンツを後に・・・・
文苑街(MAN YUEN ST)へ
『添記』という法式三文治を販売しているお店
添記1
バケットのバンミ(ベトナム語でサンドイッチのこと)
添記3

添記10

添記8
色んな雑誌や新聞に取り上げられている
沢山の記事が・・・・・

添記7
店内に椅子が3席あり、飲食は出来ます。
しかし、ほとんどの人はテイクアウトです。

添記2
メニューはサンドイッチ大と小、それとガーリックトーストの3種類。

添記4
狭い店内に入ると、ちょっと年のいった男性が黙々とサンドイッチを作ってます。

添記9
人気の秘密はテリーヌ


添記5
一口食ってみると、トーストされたフランスパンのパリパリサクッとした食感が最高
具沢山で、美味しい

添記6
はさんである具は、テリーヌに甘酢っぱくシャキシャキした酢漬けのにんじん、
生ハム・・・・・など。

一度食べてみて下さい


テクテクと尖沙咀(チムサーチョイ)へ






=お店情報=

<添記法式三文治 Tim Kee French Sandwiches >

住所:佐敦渡船角文苑街30號文耀樓地下A號舖

電話番号:2385-7939

営業時間:11:00-24:00

休業日:なし



中医学を学び、その足で尖沙咀(チムサーチョイ)へ
美孚でランチと思いましたが、あまり無いようで・・・・
尖沙咀(チムサーチョイ)のショッピングモール
K11の中にある
『霞飛點心拉 Xia Fei Shanghainese Restaurant』
霞飛點心拉麵8

霞飛點心拉麵6


霞飛點心拉麵7
オープンキッチンの中で点心を作っている様子も見れます

新しいビルのお店だからきれいで安心
店員さんテキパキしています。

霞飛點心拉麵1
メニューは日本語表記があり、助かります

上海スタイルの麺類や点心がお手ごろ価格で楽しめます
霞飛點心拉麵2


霞飛點心拉麵3
露飛招牌鮮肉小籠包 30HK$
薄い皮に肉汁がたっぷりの小籠包
醤油たれにつけようと箸で持つとそれで薄皮が破けちゃう~
あ~、肉汁がー
もちろん美味しい~


霞飛點心拉麵4
老上海粗炒(上海風焼きそば(太麺)) 62HK$
太麺とはいえ、焼うどんの様です。


霞飛點心拉麵5
大排酸辣湯麵 
(ピリ辛あんかけ麺とフライドポークスペアリブ)
 58HK$
麺は名前の通り、ピリ辛。
フライドポークスペアリブはしょうがが良くきいてます。
麵の中に入れるとなお一層おいしい。1つでふた味楽しめます


ゆっくりと会話に飲茶()を楽しめました~




=お店情報=

<霞飛點心拉麵 Xia Fei Shanghainese Restaurant >

住所:尖沙咀河內道18號K11購物藝術館B226-B227舖

    Shop 26-27, B2, K11, 18 Hanoi Road, Tsim Sha Tsui

電話番号:2801-6111

営業時間:11:30-23:00

休業日:なし

Tag:

今日、尖沙咀まで行き、Jenny Bakary ジェニー・ベーカリーの前を通ると
それ程、列は長くなく・・・・
並びました
20分ほどで店先へ
いつもこのくらいだといいなぁー

店先で待っていると大量買いをしている人
店内見渡すと数量限定の張り紙がありません。

あまり待たずに購入出来たので
この頃はそれほどの購入者もいないのかもしれない。
よって数量の規制もなくなったのではないかと推測します。

今日、手に入れた缶はこちら~
        
ジェニーベーカリー201405①
トレードマークのくまさん

ジェニーベーカリー201405②
サイドにも・・・・・

そしてMacadamia Cranberry Nougat Candy
ジェニーベーカリー201405③
キャンディとなってますが、キャンディではない。
ヌガーとでもいいましょうか・・・・
なかなかいけます
ジェニーベーカリー201405④
ナッツがゴロっと入ってます

今日のような状態で購入できるといいですが・・・・・・
この状態いつまで続くのかしら


=お店情報=

<Jenny Bakery 尖沙咀店>

住所:尖沙咀彌敦道54-64號美麗都商場地舗24室

   Shop 24, G/F, Mirador Shopping Mall, 54-64 Nathan Rd, Tsim Sha Tsui,

電話番号:2813-8568

営業時間:10:00~20:00

休業日:なし

HP:www.jennybakery.com (中国語/英語)

Tag:JennyBakery 土産

糖水佬甜品でひと休みし、目指すは『美荷樓』

美荷樓1
1953年のクリスマスに発生した大火災で大勢の人が家を失ったことが
きっかけで香港に公営住宅が建設されるようになりました
美荷樓2
最初に8棟が立てられ、その8番目、アルファベットA,B,C・・・・・8番目はHです。
それにあたるのが美荷楼(Mei Ho House)という建物です。
美荷樓35
老朽化したため団地は閉鎖し、ホテルに改装し
2013年10月にユースホステルとして生まれ変わりました

香港政府は昔の建築物ということで第2級歴史的建造物に指定し、
その公団の歴史を後世に伝える目的でいくつかの部屋を
当時のまま残して博物館として開館している。
貴重です
一見の価値があります。

美荷樓33

美荷樓34
博物館入口

美荷樓36

美荷樓37

美荷樓38

美荷樓39

美荷樓40

美荷樓41

美荷樓42

美荷樓43

美荷樓44
当時の新聞に日本の針灸のことが・・・・・

美荷樓45

美荷樓46
模型で再現
美荷樓47

美荷樓48

美荷樓49
部屋だけでなく、当時使っていた家具や小物、電気製品、調理器具、
そして共同トイレまでをそのままの形で展示してあります。
50年代、60年代、70年代の公団での生活を垣間見ることができます
美荷樓50

美荷樓51

美荷樓52

美荷樓53

美荷樓55
トイレ 3つ
共同トイレは理解出来ますが数が少なすぎる

美荷樓56

美荷樓57

美荷樓58

美荷樓59

美荷樓60

美荷樓61

美荷樓62

美荷樓63

美荷樓64
台所がなく、ベランダで炭火などのコンロを使って料理していた
上には鳥かごが・・・・
美荷樓65

衝撃的な生活実態を知ることができました






昔の茶餐庁をイメージしたレストランも併設
美荷樓3

美荷樓4

美荷樓28

美荷樓29

美荷樓30

美荷樓31

美荷樓27
売店で購入し、こちらで飲食しました。

売店
足り寄ることをオススメ致します
美荷樓5

美荷樓6

美荷樓7

美荷樓8

美荷樓9

美荷樓10

美荷樓11
横浜にあるブリキの博物館を彷彿させます

美荷樓12

美荷樓13

美荷樓14

美荷樓15

美荷樓16

美荷樓17

美荷樓18

美荷樓19

美荷樓20

美荷樓21

美荷樓22

美荷樓23

美荷樓24

美荷樓25

美荷樓26

美荷樓32
絵葉書4枚で完成

美荷樓66
奥の売店へ行く途中の部屋で・・・・
色々と催されてます。

美荷樓67
YHAホステル受付
博物館の建物の向かい側

美荷樓68

美荷樓69

美荷樓70
物干し竿で洗濯物が干してある。
この光景はこの頃ではなかなか見られません。

美荷樓71

美荷樓72

美荷樓73
レンガ造りの病院

バスに乗車し尖沙咀へ
美荷樓74

美荷樓75

美荷樓76

美荷樓77
デモのようです。

美荷樓78
廣東道もデモ隊で人が溢れてます。

美荷樓79
海港城

美荷樓80


美荷樓81
レトロなバス発見

昔の香港に触れ、九龍城の生活者の方々を想像してしまいました。
貴重な体験が出来ました

昔の生活を目にして、当時とは異なるけどユースホステスに
宿泊するなんてこともいいかもしれない~



=YHA Mei Ho House Youth Hostel (YHA美荷楼青年旅舎)&博物館=

住所: 九龍深水埗石硤尾邨41座

    Block 41 ,Shek Kip Mei Estate, Sham Shui Po ,Kowloon

電話番号:3728‐3500 (YHAホステル)

http://www.meihohouse.hk

★博物館
施設はホステル内にあり
営業時間:9:30~17:00(クリスマスイブ、旧正月前日は15:00まで)
休業日:月曜、旧正月3日間
入場料:無料
南昌撮影館をあとに・・・・・

深水埗(サムスイポー) さんぽ 第2弾①
古い建物発見

深水埗(サムスイポー) さんぽ 第2弾⑤
左側の建物が質屋さん
「押」の文字が目印です
深水埗(サムスイポー) さんぽ 第2弾③
質屋さんの入り口~
深水埗(サムスイポー) さんぽ 第2弾④
ダブルパピネスの文字が~

そして隣の建物
深水埗(サムスイポー) さんぽ 第2弾②
1933年に建築~
80年以上の時が過ぎてる~
出来れば、中を見学したいわ

次の目的地と思いきや

ひと休み
彼がちゃんとリサーチしてくれてました~
有り難い

糖水佬甜品9

糖水佬甜品7
糖水佬甜品
糖水佬甜品8

店内混んでいて、ちょっと待ちました。
糖水佬甜品6

糖水佬甜品5

頼んだものは・・・・・

糖水佬甜品1
椰汁星州[口+査]   15HK$
ぜんざいみたいな感じ。お餅は入ってません。
冷たいものを注文。
糖水佬甜品2
サツマイモにうずら豆、小豆などが入ってます
甘さも抑え気味。
健康に良さそうです


糖水佬甜品3
楊枝甘露 28HK$
糖水佬甜品4
マンゴーたっぷり
あまい~

美味しいひと休みもあり、いざ『美荷樓』へ



=お店情報=

<糖水佬甜品  Tong Shui Lo Dessert>

住所:深水埗桂林街143號地下G號舖 (近福榮街)

    ShopG,G/F,143 Kweilin Street, Sham Shui Po

電話番号:2708-4484

営業時間:13:00-4:00

休業日:なし
新聞で『深水埗南昌攝影館』を知り、
深水埗南昌攝影館32
期間も決まってましたので早速、お邪魔しました

深水埗南昌攝影館1
22 Degrees Northというおしゃれな雑貨店の上にあります。
入口は左手の階段を上がります。

深水埗南昌攝影館2


深水埗南昌攝影館13
入口をはいるといきなり目に飛び込んでくる床屋さんの椅子
それにパーマの時にしようするお釜

深水埗南昌攝影館14
当時の価格表も。
昔の散髪ってこんなに安かったんだと思うけど、
当時の物価からいったらどうなのでしょう~


深水埗南昌攝影館15
こちらのケースの上段には床屋さんで使用するものが・・・

深水埗南昌攝影館20
何と、昔の的士咪錶(タクシーメーター)です


深水埗南昌攝影館16

深水埗南昌攝影館21
一番右がアイロン


深水埗南昌攝影館17
ラジオやホーローの鍋、ポット。
ポットは今でも金物屋さんで似たものが普通に売っています
G.O.Dでも・・・・・
深水埗南昌攝影館22
おしゃれ~なラジオですよね

深水埗南昌攝影館25


深水埗南昌攝影館18
日本ブランドの冷蔵庫。ナショナル製品です。
ドアについているのは冷水器。
昔このようなタイプの冷蔵庫ありましたね~

冷蔵庫の上にはトースター。東芝製です。

昔から日本製品が香港で活躍していたんですね

深水埗南昌攝影館19

深水埗南昌攝影館26

深水埗南昌攝影館29



深水埗南昌攝影館24
手動開支票機(レジスター)

深水埗南昌攝影館23

深水埗南昌攝影館27


下の階のSHOPが綺麗に内装されているが、実は古い建物です。
深水埗南昌攝影館28
こちら床のタイルをみれば・・・・・
何ともいい味出してますね
堪りません~

70年代頃の香港で実際に使われていたあんな物、こんな物…が展示されています。
よく、これだけ集めたものです。
昔、日本でも見たことありました~


このイベントは、5月31日まで開催

懐かしく思ったり、若い人は昔このようなものを使っていたんだーと
感じてみるのも良いと思いますよ




22 Degrees Northというおしゃれな雑貨店
深水埗南昌攝影館11

こちらも商品と共に昔のものが陳列されてます。
深水埗南昌攝影館4

深水埗南昌攝影館5

深水埗南昌攝影館6

深水埗南昌攝影館7

深水埗南昌攝影館8

深水埗南昌攝影館9

深水埗南昌攝影館10

商品なのかっと思ってしまうかもしれません~


旺角のスタバでもある体重計
深水埗南昌攝影館3
今回彼が試してみました~
料金は2HK$です。
深水埗南昌攝影館30
終わるとこのような紙が出てきます。
昔の切符の形態です。大きさといい、紙質といい
深水埗南昌攝影館31
裏に体重が印字されてます。
キャッ、恥ずかしい~・・・・・ 
あっ、私のではなかった

深水埗南昌攝影館12

なんか、遊び心があるSHOPです。
商品も良い感じのものが陳列されてます。

是非、覗いてみて下さいね



=会場情報=

<深水埗南昌攝影館>

住所:深水埗南昌街88號1樓

    1/F., 88 Nam Cheong Street, Sham Shui Po

時間:12;00-20;00

入場料:なし

期間:5月31日まで

https://www.facebook.com/22degreesnorth


いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

彼の友人 来港①  ベタな香港案内

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-284.html


彼の友人 来港② ビクトリアハーバーが一望できる『南海一號(Nanhai No.1 ナムホイヤッホウ)』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-285.html


彼の友人 来港③  ヴィクトリアハーバー スターオブライツ

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-286.html



これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

サグランティーノさんから場所を変え、
太子大廈の25階 来たかった『Sevva セーヴァ』へ

ここへ来たら、オープンテラスですよ~
至近距離からセントラルの夜景群を堪能できる~

Savva4
人の多さにびっくり

Savva2
テラスからHSBCや中國銀行が目の前


Savva6
九龍サイドが見渡せる。

Savva3
香港セントラルの夜景が一望できる素晴らしい場所です


Savva1.jpg
花等で作ったバイク
アート・バーゼル開催中だから


Savva5
ビクトリアハーバーを眺めながら乾杯~
私はマルガリータ


時間も時間でイルミネーションが消灯
早い時間に来るべし

毎日20時より行われているシンフォニーオブライツもこの場所から必見ですね
次回はその時間にお邪魔したいなぁー

時が過ぎるのがとっても早い~

とっくにシンデレラは過ぎ、不良主婦している~
彼は只今、出張中
ごめんなさーい。

そして、友人Mさん宅へ
お世話になってしまいました。

深夜ご帰宅。
Mさんのステキな旦那さまが出迎えて下さいました。
大変申し訳ない。
夜遅くに・・・・

Mさん宅はとってもステキなところにお住まいです
ヴィクトリアハーバーが一望出来ます。
Mさん宅でシンデレラ気分。
朝、帰宅し、魔法も溶けてしまいました~

Mさん大変お世話になりました。
ありがとうございます



=お店情報=

<Sevva セーヴァ>

住所:中環遮打道10號太子大廈25樓

    25/F., Prince's Building, 10 Charter Rd., Central

電話番号:2537-1388

営業時間:月-木 12:00-24:00 金、土12:00-2:00

休業日:日曜日

http://www.sevva.hk/about_sevva.html

前回に続き、Sagurantino(サグランティーノ)で女子会開催~

201405サグランティーノ1
窓からの風景
201405サグランティーノ2

201405サグランティーノ8
店内
レンガ造りでイタリアの食堂をイメージしているとか・・・・・
201405サグランティーノ9

18時スタート

今日は木曜日はレディースデー
女性飲み物Free
このサービス堪りません

まずはスパークリングで乾杯

次はワイン

お料理は
201405サグランティーノ3
たこのカルパッチョ 108HK$

201405サグランティーノ4
ほたてのサラダ 108HK$

201405サグランティーノ5
ソーセージのパスタ 128HK$

201405サグランティーノ6
隣のテーブルで頼まれたものと一緒を注文
Saltimbocca 168HK$

201405サグランティーノ7
ちらしのコールドパスタ 168HK$
魚介類が宝石のようにきらきらしています
これからの季節、オススメ

201405サグランティーノ10
最後はデザートで締めました。
奥がチョコレートケーキ 68HK$
手前がチーズケーキ 68HK$


話に花が咲き乱れ~
会話が途切れることがありません。

ラストオーダー聞かれ、
その内、お会計・・・・
そして従業員さんも帰って行かれる~

そして私たちもお店を出ました~

それから場所を変えて・・・・・

               ②へつづく

=お店情報=

<Sagurantino サグランティーノ> 

住所:中環威霊頓街33號THE LOOP 5楼

   5/F, THE LOOP, 33 Wellington Street, Central

電話番号:2521-5188

営業時間:月-土 12:00-15:00 18:00-23:00

休業日:日曜日

中環(セントラル)の威霊頓街(Wellington Street)に、
有名な鏞記(ヨンキー)がある。
その鏞記(ヨンキー)の斜め前のビル「The Loop」の5Fです。

Sagurantino8.jpg


いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

九龍の鑽石山(ダイヤモンドヒル)さんぽ③ 『志蓮浄苑(チーリンジェンユン)』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-275.html


これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

本日2日目の中医学

今日は前半は先週の復習

後半は五行学説について学びました。

2時間がアッという間

講義を聞いているのがおもしろい

何十年かぶりの学生です。

出席率70%以上だと受講証明がもらえます。
70%と言わず、100%目指します

いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

Easter Holiday 3日目  ① 『糖朝』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

Easter Holiday 3日目  ② 『黄大仙』 『女人街』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-267.html


Easter Holiday 3日目 ③  夕食は『和幸』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-279.html

Easter Holiday 4日目 

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-307.html

これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

Easter Holiday 2日目 in Macau  ③  夕食はポルトガル料理『新口岸』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-281.html


これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します

いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

Easter Holiday 2日目 in Macau ② 『水舞間 ダンシング・オブ・ウォーター』

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-280.html


これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します


いつも訪ねて下さいまして、ありがとうございます

本日、過去記事をUP致しました

下記になります。

Easter Holiday 2日目 in Macau ①  世界遺産観光

http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

これからもこのような形でのUPもあるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します
今日のランチは飲茶を食べに

海港城(ハーバーシティ)の中にある『廣東茶居』へ

海港城(ハーバーシティ)は広い。
尖沙咀碼頭から中港城の間の建物。
『廣東茶居』は中港城よりに位置します。

廣東茶居16

廣東茶居15


店内はとってもきれい
日本からのお客様をお連れしてもいいところ

廣東茶居2


廣東茶居1

廣東茶居3

廣東茶居4
メニューは日本語表記もあり、安心してオーダー出来ます

注文したものは・・・・・

廣東茶居5
菠蘿叉燒包 32HK$
ミニパイナップルパン(香港式のメロンパン)の中にチャーシュウ餡入り
廣東茶居6
少し甘いおかずパンです。

廣東茶居7
鮮蝦雲呑麵  42HK$
4,5月と客人を迎え、蝦雲呑麺を頂いたせいか、
無性に食べたくなってしまった。
スープが少し味濃かった気がしました。
ゴワゴワの食感の玉子麺とプリプリの海老がはいったワンタンの相性は抜群

廣東茶居8
香滑馬垃糕 30HK$
蒸しパン
ふわふわ柔らかい

廣東茶居9
帯子時菜餃 36HK$
ホタテ貝と野菜の入り蒸し餃子
廣東茶居10
ホタテ貝がゴロゴロ入ってます。
食べごたえある~

廣東茶居11
魚翅灌湯餃  42HK$
フカヒレスープ入り餃子
廣東茶居14
この価格ですからフカヒレもどき

廣東茶居12
香菇燒賣  36HK$
豚肉入り焼売
廣東茶居13
焼売の中には豚肉と共にもれなく海老も入ってる
海老と豚肉の見事にマッチした一品



また行きたいお店にリストアップです





=お店情報=

<廣東茶居 Canton Deli>

住所:香港九龍海港城港威商場3階3303舗

   Shop 3303, Level 3, Gateway Arcade, Harbour City, Kowloon

電話番号:2613-9889

営業時間:11:00-23:00 (LO22:30)

休業日:旧正月

廣東茶居17

廣東茶居18


昨日、しとしと降っていました。

寝ようかと思っていたら、激しい雨
そして稲光・・・・
雷雨
梅雨入り
紅色警報に湿度100%

今日、やはり雨
しとしと降っては時折、激しく・・・・
雷もゴロゴロと1日中していた感じ。

今も雷雨警報に湿度は100%です。

激しい雨は明日も続きそう

折角の週末ですが、さんぽはお預けの様です

WHAT'S NEW?

ブログパーツ