Photo Gallery

友人と銅鑼湾で食事で時間まで近所をウロウロ。
そうしたら、美味しそうなストリートを発見!

どのお店もお昼はいっぱいになっていますが、その中でも一番列が長いのがこの榮式燒雞扒Wing's Catering です。


榮式燒雞扒Wings 10
そこは加路連山道
榮式燒雞扒Wings 12
角にはローカルパン屋さんがあります。

榮式燒雞扒Wings 15
こちらバーガーで有名です。

榮式燒雞扒Wings 13
手羽先の唐揚げやソーセージなども販売している。

榮式燒雞扒Wings 14
2012年に来て、ひとりでさんぽした時にこちらのパン屋さんで購入しました。
ふわふわのパンでパンの重みでつぶれた記憶が・・・・・
美味しかったのを覚えてます。

榮式燒雞扒Wings 9
あと、ラーメンJoもあります。
こちらは置いておいて。

ご紹介は榮式燒雞扒Wing's Catering (ウィングスケータリング)
香港スタイルのローカル鶏ステーキ店。
榮式燒雞扒Wings 8

榮式燒雞扒Wings 7

榮式燒雞扒Wings 2



店名にもなっています通り、チキンステーキのお店。
烏冬(うどん)にカレー、垃麵のメニューもあります。
そちらのメニューにもチキンがドーン乗っています。


榮式燒雞扒Wings 1

榮式燒雞扒Wings 3

榮式燒雞扒Wings 4

屋号にもなっているチキンをオーダーしました。
榮式鷄扒魚柳飯
お肉がとってもジューシー
ご飯が進みます。

榮式燒雞扒Wings 5
榮式茄子鷄扒飯

榮式燒雞扒Wings 6
飲み物付き

是非、こちらのチキン、騙されたと思って食べてみて下さい。
騙されないですよ~! 


=お店情報

≪榮式燒雞扒 Wing's Catering (ウィングスケータリング)≫

住所:銅鑼湾加路連山道13號地舗

電話番号:(852)2882-6834

営業時間:

休業日:

香港仔が本店であと、分店が灣仔、佐敦、北角、屯門、深圳、澳門にもあるそうです。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2015-12-27 Sun

Tag:香港 情報 グルメ

太陰暦の1月15日は元宵節です。今年は、2月22日で、この日にはランタンを飾って正月が開けた事をお祝いしますが、この日には、もう一つ、湯円を食べる習慣があります。


太陰暦の1月15日は元宵節です。今年は、2月22日で、この日にはランタンを飾って正月が開けた事をお祝いしますが、この日には、もう一つ、湯円を食べる習慣があります。

この湯円とは、もち米を原料とした団子で、熱湯に入れられた鍋で茹でられます。湯の中で団子が躍る姿が天に輝く満月に見立てられ、十五夜の満月である元宵節に食べるのです。又、湯円は、中国語では、「家円」と発音が似ており、家庭円満にも繋がると言われています。

そこで、ちょっと遅れはしましたが、美味しい甘味処として有名なお店で団子を食べて来ました。

ちょうど、移転し、開店直後のようです。
店先にはお花が飾られてました。
佳佳甜品1


昨年12月にお伝えしました『佳佳甜品』の閉店&移転記事
http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-date-20151210.html

3月にお店を閉めるとのことでしたが、閉店されてご近所で開店しました。

佳佳甜品2

佳佳甜品3



人が次から次と入って来ます。
人気が伺えます。



メニュー
佳佳甜品4

佳佳甜品5
写真入りもあるので安心です。

注文したものは寧波薑汁湯丸 (芝麻餡)熱  HK$18
佳佳甜品6
団子入り薑風味のシロップスープです。

佳佳甜品7
湯丸の中は黒胡麻餡が入ってます。

佳佳甜品8
薑シロップスープはこちらの人気の甜品の濃薑番薯糖水が使用されているようです。
さつまいものかけらが入ってます。
寧波薑汁湯丸 (芝麻餡)熱を注文すると濃薑番薯糖水も味わえる!? (笑)

心も身体もぽっかぽかになりました。

次は何にしょうかなぁ?
また、お邪魔します!


=お店情報

住所:佐敦寧波街29號

電話番号:(852)2384-3682



この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-27 Sat


Tag:香港 情報 スイーツ

王室の紋章が刻まれたポストを後に、先へ進みます。



鯉魚門天后廟は、新鮮な海鮮で有名な鯉魚門市場を通り抜けた奥にあります。

鯉魚門天后宮3

鯉魚門市場はまるで迷路の中にたくさんの海鮮のお店がひしめき合っており、これを抜けるとビクトリア湾と対岸のマンション群が見えます。海岸べりの道を東にどんどん進むと突き当たりに天后廟があります。

鯉魚門天后宮4

この辺りの景色は、新安県誌の本で新安八景の中の一つに選ばれており、「鯉魚夜月」と名付けられています。

鯉魚門天后宮11
この天后廟は、この辺りの海賊であった鄭連昌さんによって、1753年に建立されました。

鯉魚門天后宮5

鯉魚門天后宮7

鯉魚門天后宮8


海賊が、天后廟を建立するなんて珍しい事ですが、この鄭連昌さんは、明時代の武将である鄭建さんの子孫で、この鄭建さんは清時代の初めには台湾に移って、打倒清朝の活動を行っていた人です。その後広東省に移り、子孫は生きる為に近所の漁師を集めて海賊になったそうです。普通の海賊ではなかったのですね。


鯉魚門天后宮10

鯉魚門天后廟は、山がせり出している海のすぐ傍に建てられています。廟の傍らには、大きな奇岩があり、地勢がとても悪い場所となっています。
鯉魚門天后宮9


これは、ただ単に天后廟を奉納しているだけでなく、海を行き交う船や官兵の監視の役目をしていたからです。

鯉魚門天后宮12


鯉魚門天后宮13
その意味もあり、廟の傍には、古い大砲が、今でも残っています。



尚、向かい側の香港島にある海防博物館の上から、この鯉魚天后廟の赤い建物が良く見る事が出来ます。


海鮮を食べに鯉魚門へ行かれる際には、こちらまで足を伸ばしてみてはいかがでしょう~!






この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-08 Mon

Tag:香港 情報 観光スポット 天后廟

觀塘(クントン)から油塘(ヤウトン)へ、
英国の紋章の郵便ポスト求めて~

イギリスから中国へ香港が返還の年の1997年にはまだMTRに油塘(ヤウトン)駅はありませんでした。

何と、觀塘(クントン)線は藍田(ラムティン)駅の次は鰂魚涌(クオリーベイ)でした。(2001年9月26日までは)

その前は香港島へは繋がっていなかったのね~
MTRの路線のことを調べてみたくなりました。(笑)

觀塘線
Wikipediaより

油塘ポスト1

油塘(ヤウトン)駅はまだ新しい駅なのです。
駅からヴィクトリアハーバーが見られます。

油塘ポスト2

油塘ポスト3

油塘ポスト4
春節でこんな飾りがありました。

油塘ポスト5
A2の出口からでると彼は待っていました・・・・(笑)

油塘ポスト6

油塘ポスト7
No.436

油塘ポスト8
エリザベスⅡ世

油塘ポスト9
こちらの通りで、彼は待っていました。


もう1つを求めて

油塘ポスト10

油塘ポスト11
鯉魚門

ズーム
油塘ポスト12
来たいと思っていたところへポストが案内してくれました。(笑)
鯉魚門は、新鮮な海鮮のお店が並んでいる市場として有名です。

油塘ポスト13

油塘ポスト14
鯉魚門は、鯉西門村、馬湾村、馬背村、安利西村の4つの村から構成されており、近隣の漁民が捕ってきた魚を卸す市場としてスタートしました。

油塘ポスト15
海鮮市場の中へ
何軒のお店があるのでしょう~?

油塘ポスト16
その後、海鮮レストランがたくさん出来ましたが、既定のメニューの他に選んだ魚を希望の料理にしてくれる所が大半です。

油塘ポスト17
レストランの店先に並んでいるイケスから選んで調理してもらう方法と、市場で購入してその魚貝をレストランに持ち込んで料理してもらう方法がありますが、後者は、どんな値段を吹っかけられるか解らないので、地元の人がいない場合はお薦め出来ません。

油塘ポスト18
又、店先でしっかりと料金を確認しないと、後からぼったくられるケースもあるそうですので、料金確認はしっかりして納得してから注文して下さいね。

油塘ポスト19
尚、市場内の43Dの所に、「年香園餅家」と言うお店があります。
こちらは数十年の歴史があるお店で、ここで販売されている「鶏仔餅」は、おいしい事で有名だそうです。(後から知ったので食べなかった・・・クシュン)

油塘ポスト23
居ました、居ました~。
暗い先に緑の姿が!

油塘ポスト20

油塘ポスト22
No.235
口にちょっと長めの庇があります。
いくつもポストを見ていると少しずつ違いがあるのが分かります。


油塘ポスト21
ジョージⅤ世

まさか、ポストに導かれて、鯉魚門へ来れるとは思いませんでした。
地図を見て確認し、この海鮮市場の先には天后宮が!
折角なので行きました。

そのお話は次回に~。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村





最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-08 Mon

Tag:香港 情報 郵便ポスト 観光スポット

数日前のお話の続き~

食事も済み、いざ、今日の目的でもある『三山國王古廟』へ

こちらはMTRの觀塘(クントン)と藍田(ラムティン)の間のハーバー側に位置してます。

三山國王古廟他2


三山國王古廟他1

觀塘駅から藍田駅の中間で鯉魚門道と高速とが交差する所から坂道を上った所にあります。

三山國王古廟他3

三山國王古廟他13



三山國王古廟他6

この三山国王廟は、元々西草湾の付近に建立されたが、その後、1983年に今の観塘に移設されました。最初に建立された時期は不明です。

三山國王古廟他7 三山國王古廟他8

山国廟以外に、天后廟、福徳古廟も祀られています。

三山國王古廟他9


三山國王古廟他10



三山とは、潮州市の名山─獨山、明山 、巾山の事で、その謂れはいくつかありますが、その中の一つを紹介します。


宋の太祖が国を開いた時、南漢の国主劉張を征伐に王師を派遣しました。潮州市に赴いた時に、三山に祈願した所、突然、雷が起こり、暴風が吹き荒れ、劉張軍に壊滅的な打撃を与えました。この後、王師軍は、「潮州三山神」と旗に書き込んで、進撃をしました。以後、各地に三山国王廟が建立されています。


三山國王古廟他11

三山國王古廟他12




尚、香港には、この観塘以外に、深石湾、牛池湾、南Y島(榕樹灣、北角村)にもあります。






このご近所に
三山國王古廟他14
がありまして、向かいました。

それは、香港魂さんが紹介していて・・・・・
下記の記事になります。
http://hongkongsoul.blogspot.hk/2015/08/blog-post_21.html

三山國王古廟他15
この通りで、撮影しているんだー。

三山國王古廟他18

三山國王古廟他19
こちらのビルのエレベーターは手動式でした。
ひとりでは乗る勇気ありません。(笑)

三山國王古廟他17

三山國王古廟他16
こちらの写真が撮れただけでもラッキー!


香港魂さんが書かれていて、どんなところなのかしら?と思い、行きました。
春節の日で多分日頃より一層ひっそりとしているんだろうなー。
車も数台通っただけでした。

こちら行かれて撮影に出くわしたらラッキーですね! (笑)














この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-08 Mon

Tag:香港 情報 観光スポット天后廟

荃湾駅からミニバスで行く川龍村、朝の飲茶とクレソンを食べた後、近くに素晴らしお寺がありますので、紹介しますね。


川龍村へ行くミニバスが出発する場所からほんの数10メートル兆和街を戻った所に81番「圓玄学院」行きのミニバスの停留所があります。始発です。このミニバスで終点まで乗ります。始発から終点までですので、心配ないですよ。


圓玄学院他2
終点にありますのが圓玄学院、1953年に建立された宗教建築物です。山の途中を切り開いて建築されていますが、こんな所にこれだけ豪華なお寺を建立しなくても・・・と思ってしまいます。

圓玄学院他23


圓玄学院他1

圓玄学院他3 圓玄学院他4

圓玄学院はとても優美で趣きがありますが、中でも三教の長が祀られている天壇は、香港で最大との事です。又、下の部分は元辰大歳殿と言い、北京の白雲閣を模して建てられ60人の大歳像が安置されています。


ここは、儒教、仏教、道教の3つの宗教が集まっています。代表的仏教家「圓」さん、有名な道教家「玄」さん、儒教の代表的指導者「学」さん、この3人の名前を取って「圓・玄・学」院と名付けられました。


尚、圓玄学院には三教以外に、関羽帝、観音大士なども祀られています。


圓玄学院他17
三教大殿の右側には龍華楼があります。ここには客殿と食堂があります。
圓玄学院他18 圓玄学院他19

圓玄学院他21


圓玄学院他20
豪華絢爛の言葉がぴったりです。

圓玄学院他22



圓玄学院他16
又、その傍には大きな池と庭園が配置されています。


他にも鐘楼、鼓楼、報本殿等、興味深い建物が色々と配置されています。
珍しい石の展示室もあります。




圓玄学院のすぐ隣に西方寺があります。
圓玄学院からもその趣のある様子が窺う事が出来ます。
圓玄学院他24

圓玄学院他25
ここは1970年に建築され、寺内には寺院の建物と9層の塔があります。道教の道場として使用されています。

圓玄学院他40

圓玄学院同様、「何でこんな所に豪華なお寺があるの?」とある意味、感動してしまいます。

圓玄学院他33
しかも9層の塔までついている・・・。このスケールの大きさに匹敵する所は、香港には中々ないと思います。

圓玄学院他34

圓玄学院他35
塔の足元にも注目してみて下さい。
ステキですよ。



他に大雄宝殿、天王殿、蔵経楼なでも配置されています。

圓玄学院他27 圓玄学院他28


圓玄学院他32

圓玄学院他31


圓玄学院他39
 
そして、珍しい「臥佛」と呼ばれる寝ている仏様の像があり、これは必見です。
圓玄学院他38




川龍村で、飲茶の朝食を食べて、圓玄学院→西方寺と廻る小旅行は如何でしょうか?

尚、時間が許せば、西方寺から坂道を下っていくと、
圓玄学院他42

圓玄学院他45
老圓街と言う所に出ます。

ここにもいくつかのお寺があり、それを見て回るのも良いと思います。
その中では東普陀と言うお寺が一番大きいです。
圓玄学院他44

圓玄学院他52

圓玄学院他46 圓玄学院他47


圓玄学院他50

圓玄学院他48 圓玄学院他49


圓玄学院他53

圓玄学院他54

東普陀へ行かれた際には、是非、上まで上がって下さいね。



この東普陀のすぐ傍のバス停から地下鉄の駅に戻れます。



早起きして、小鳥のさえずりと共に朝飲茶をして、寺院巡りされてみてはいかが。
香港の廟とはひと味もふた味も違う感動に触れられますよ!



=圓玄学院=

住所:新界荃灣三疊潭
電話:(852)2492ー2220


=西方寺=

住所:新界荃灣老圍村三疊潭
電話番号:(852)2411-5111


=東普陀=

住所:荃灣老圍村168號
電話番号:(852)2490-4572





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-12 Fri

Tag:香港 情報 観光スポット

香港に来て、川龍村を知りました。
クレソンが生き茂り、自然豊かな場所。

行くのはクレソンのシーズンに行きたいとズーと思っていました。

そして、ついにその時が来ました。

川龍村 端記茶樓1
茎湾から80のミニバスで約20分ほど。

バス停は終点で下車し、どちら方向に行ったらいいのか分からなかったが、人の行く方へついて行ったら辿りつけました。(笑)

川龍村 端記茶樓25
ありました。ありました。
やっと来れました。『端記茶樓』

川龍村 端記茶樓24
結構ハイレベルな車が駐車しています。

川龍村 端記茶樓22

1階と2階、屋外に席があります。

適当に空いている席を見つけて座わります。

私たちは屋外の席をキープしました。

すべてセルフサービスです。

川龍村 端記茶樓2
お皿にお碗に箸にレンゲを先杯し、テーブルへ

川龍村 端記茶樓3
お茶もこちらからお好みで。
私たちは水仙茶をチョイス。

川龍村 端記茶樓17
これらから蓋を開けて選びます。
何が入っているか分からないので、全てチェックしました!

川龍村 端記茶樓5

川龍村 端記茶樓6


川龍村 端記茶樓18

川龍村 端記茶樓21
いくつもお持ち帰りの方もいました。


川龍村 端記茶樓11


川龍村 端記茶樓7

川龍村 端記茶樓8
チャーシューマン

川龍村 端記茶樓9


川龍村 端記茶樓10
蝦シューマイ

目的のクレソンを頼まなくてわ~。
彼にお願いしましたが無いよう。
えー、折角来たのにクレソン食べれないの?
ガッカリ。

しかし、そのあと、私が女性店員さんへ「クレソン?」って聞いたら、
川龍村 端記茶樓12
奥に入って行き、葉物類が並んでいて、
指差しでこれ?って聞かれ、Yes! Yes!
川龍村 端記茶樓13
私たちのクレソンが投入されました。

目の前で調理。
はい、出来上がり~。

執念で頂きました。(笑)

川龍村 端記茶樓14
シャキシャキしていて、美味しい~。
これは絶対に購入して帰ろう。

川龍村 端記茶樓15
チマキ

川龍村 端記茶樓16
茶柱が立つし、縁起がいいです。
良いことだらけです。

どれもこれも美味しいですよ。


お腹も満たされ、2階へ


川龍村 端記茶樓19
2階のテラス席には、鳥かごがズラリ。

おじさんたちが連れてきています。
昔、小鳥のさえずりを競い合っていたとか。
そのなごりが残っているんですね。
その光景が目にできたことがとっても嬉しい。
川龍村 端記茶樓20


バックミュージックに小鳥のさえずりを聞きながら食べる飲茶も格別。


のんびりと時間が過ぎてゆく~。

ここから離れたくないなぁー。






川龍村 端記茶樓26
クレソン畑が広がってます。

どなたかのブログで購入したと書いてありました。
来たからには、是非、購入したい!

川龍村 端記茶樓27
クレソン畑の方へ行き、おじさんがおり、分けて頂きました。


川龍村 端記茶樓28
こちらでHK$20でした。

家に帰っても楽しめる!
嬉しい~。

こちらは朝早くからやっていて、売り切れでクローズ。
ランチをこちらで~と考えていると食べられないかもしれません。
是非、早起きして行ってみて下さい。
きっと、美味しく、楽しい時間が味わえますよ。

オススメの場所です。
また、行きます。

=端記茶樓へのアクセス=
MTR荃灣線の終点の荃灣駅、B1出口出る。
歩道橋を渡り路地を抜け、果物屋の前に80番のミニバス乗り場があります。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2016-02-12 Fri

Tag:香港 情報 飲茶 川龍村 クレソン畑

觀塘(クントン)にある王室の紋章が刻まれた郵便ポストを見て、
駅前まで戻り、ランチタイムの時間となりました。

赤い看板に魅かれて入店。
佳餚坊餐廳 1


佳餚坊餐廳 2



佳餚坊餐廳 8


佳餚坊餐廳 3
バスの運転手さんのたまり場のようです。


佳餚坊餐廳 5

佳餚坊餐廳 4

メニューから選んだ物は
佳餚坊餐廳 6
特餐A
茶餐廳にありがちなメニューですね。

佳餚坊餐廳 7
鮮蝦仁飯
餡かけご飯
こちらのぶっかけご飯です。
結構食べられちゃうんですよね~。


お腹も満たされました。
赤い看板に引き寄せられ、入店したら、
バスの運転手さんもご利用店でした。



=お店情報

≪佳餚坊餐廳 ≫ 

住所:觀塘觀塘道407-431號裕民坊34-62號裕華大廈低層C-D舖

電話番号:(852)2304-4844

営業時間:24時間

休業日:なし




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-08 Mon

Tag:香港 情報 茶餐廳

                          

ありがとうございます

ブログランキング OUTで1位になりました 

みなさまのクリックのお蔭です。

ありがとうございます。多謝、多謝

嬉しく嬉しくて感激していますうるっ


これからもこれを支えにし、どんどん散歩し、ドンドンアップします!


                          


春節を迎えた日。
とってもお天気に恵まれた日でした。

春節ということもあり、廟へも行きたい。
ポストと廟、どちらも行っちゃえ~ということで觀塘(クントン)へ向いました。


まずはポストを2つ!

高台のところにあるポストを求めて。

觀塘ポスト2


觀塘ポスト1

觀塘ポスト6
35ミニバスの停留所のそばに佇んでいます。


觀塘ポスト3
康利道を登りきったところに・・・・

觀塘ポスト5
NO.91

觀塘ポスト4
ジョージⅤ世


こちらのポストに行った時に感じたのは、私の事を待っていてくれたよう・・・・・(笑)
とってもキラキラしてました。
塗りなおして間もない!? (笑)



ご近所にもうひとつポストがあります。
そちらもチェック!

さんぽをしながら向かいます。

觀塘ポスト8
素敵な場所を発見!

觀塘ポスト7
ヴィクトリアハーバーが見渡せます。
花火も見られそう。

觀塘ポスト9

さんぽはこういう出会いがあるから楽しい~。

觀塘ポスト10
こちらの通りは公園を半周した距離

觀塘ポスト11
とっても短いよ!


もうひとつめのポストは
觀塘ポスト12
協和街に面してます。

觀塘ポスト13
NO.409

觀塘ポスト14
エリザベスⅡ世

ポストの向かい側からのバス停から觀塘(クントン)へ出ました。
觀塘ポスト15

觀塘ポスト16

そしてランチ

ランチのお話は次に。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-08 Mon

Tag:香港 情報 郵便ポスト

街歩きをしているとこの頃、食器屋さんを目にします。

以前欲しい時には、探しても探しても見つからなかった。

上海街へ行くのもいいのですが・・・・・・

今日ご紹介の食器屋さんは貸店舗のところを短期で契約して営業してます。
購入を考えている場合に出くわしたら、購入をオススメします。(笑)

場所は銅鑼湾禮頓道 
トラムが走ってます。


香港チック食器1
店先はこんな感じ~。



香港チック食器3
白い食器の品数に驚きました。

香港チック食器4


香港チック食器5
ガラス食器も充実してる。

香港チック食器6
ルクルーゼ LE CREUSETっぽいものもあります。(笑)

香港チック食器7

香港チック食器2
香港チックな食器が勢揃い

香港チック食器8

香港チック食器10

にわとり柄も種類豊富。
香港チック食器12

香港チック食器13
一軒でなかなか揃いませんよ。
上海街だと数件回ってもどうかしら!?

香港チック食器11
景徳鎮もあります。




香港チック食器9
今年の干支の置物も!

写真はごく一部です。



缸瓦佬特売場
Tel:(852)3151-7965

こちらの場所での営業は2月末までです。
お急ぎくださーい。





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-18 Thu

Tag:香港 情報 食器

日本のお菓子を取り扱っているお店をよく見かけますね。
まず、最初に挙げられるのが阿信屋、アメ横丁、そしてローカルスーパーでもコーナーが出来ていたりしますよね。

日本ではあまりお菓子も購入していませんでしたが、
こちらに来てから結構購入する様になりました。(笑)

なぜなのかしら?
日本が恋しい!?

先日お見かけした新たなお店をご紹介します。

MTR油麻地駅の彌敦道(ネーザンロード)沿いにあります。
お菓子の森1

お菓子の森2

お菓子の森3
何と、全て日本製品が並んでます。

ローカルの方々も利用しますね。
日本の製品が大好きですから。


お菓子の森5
ポテトチップス、チョコに飴に・・・・・


お菓子の森4
ポッキー
このパッケージ初めてみました。
こんな種類も発売しているのね~。


お菓子の森7
カップラーメンも揃ってます。
どん兵衛! こちらではなかなかお見受けしない。

お菓子の森6
カップスープも並んでます。
しかもお安い感があります。


お店の奥には日用品が陳列されてます。
お菓子の森8

歯ブラシ
こちらではなかなか日本製にお目にかかれません。

お菓子の森9
洗剤も色々ある。

詰め替え用の商品があるのが嬉しい。


マスクも1枚から販売しています。
キレイキレイのハンドソープも種類が豊富です。

お菓子の森10
蚊取り線香まで取り扱っているとは・・・・。(笑)

こちらのお店はなかなか使えそうです。
ちょくちょく覗いて見よう!と。


=お店情報

≪お菓子の森≫

住所:油麻地彌敦道464號地舗

電話番号:(852)2392-1221

営業時間:10:00-22:00




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-16 Tue

Tag:香港 情報

2月はふたりの誕生月。
一緒にお祝いを!
どこでお互いのお祝いをするか?

どこがいい? と聞かれ、ICCのリッツカートンもいいし、
何て思っていたら・・・・・

彼が考えたところは・・・・・

やっぱり我々にはここでしょう~。と (笑)
201602The Pawn1

201602The Pawn2
前々から行きたいと言っていました。
何で聞かれた時、答えられなかったの?

念願叶う!
201602The Pawn3

201602The Pawn5

201602The Pawn4
The Pawn  ザ・ポーン
築100年以上の質屋を改装したレトロなブリティシュレストラン。
湾仔の騎樓巡りで記事にしています。 http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-579.html

201602The Pawn32
階段の踊り場には、建立の年が刻まれてます。



レトロ&モダンがミックスされたインテリア。
このステキな空間の住人に数時間なれました。(笑)

予約時間より早めに着き、まずは2Fフロアのリビングルームのバーで
201602The Pawn31


201602The Pawn30

結構な人で賑わってます。

201602The Pawn10

201602The Pawn6

201602The Pawn7

201602The Pawn8
マルガリータで乾杯の練習!?


201602The Pawn9




時間になり、3階のレストランへ・・・・・・
テラス席に通されました。
201602The Pawn12

201602The Pawn11
この景色がこの角度で見られるとは・・・・・

201602The Pawn13

201602The Pawn14



古き良き香港を色濃く残した騎樓の建屋の空間で洗練された料理を味わう
贅沢なひととき。


201602The Pawn18

201602The Pawn19

201602The Pawn20
パン
ジャムとソルト入りクリーム
美味しい~。

201602The Pawn24
チーズ
結構お塩が効いてました。
ワインが進んじゃう~

201602The Pawn25
サラダ

201602The Pawn23
ゴロンとしたステーキ
サンデーローストを思い出します。
柔らかい。

201602The Pawn21

ケーキまで行けませんでした。(涙)

201602The Pawn26
観光用のトラムも見られました。

201602The Pawn27



店内はこんな感じ~
201602The Pawn15

201602The Pawn16

201602The Pawn17



楽しいひと時は、アッという間

201602The Pawn28

201602The Pawn29




201602The Pawn33

201602The Pawn35

201602The Pawn34


古き良き香港が味わいたくなったらここへ来るべし。
タイムスリップしたかのようですよ!

数時間の騎樓住人になりたくなったら、訪れよう~と!(笑)






=お店情報

≪The Pawn  ザ・ポーン≫

住所:香港湾仔荘士敦道62号

電話番号:(852)2866-3444

営業時間:12:00-15:00、18:00-24:00

休業日:なし





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2016-02-12 Fri

Tag:香港 情報 騎樓 グルメ

昨日が港島徑(ホンコントレイル)セクション5をお届け致しました。
今日はその続きを。
お付き合い下さいませ。



港島徑セクション56 64
大風坳という三叉路の峠。
3本の道は全て柏架山道。
右の柏架山道へ
この道を下って行くとセクション6に突入!
港島徑セクション56 65

ゆるやかな下りをテクテク・・・・・
港島徑セクション56 66

港島徑セクション56 67
緑が気持ちいい。

港島徑セクション56 68

港島徑セクション56 69

港島徑セクション56 70
漂距柱H061

港島徑セクション56 71

港島徑セクション56 72
漂距柱H062
漂距柱H061とH062はアッという間に着いた。


港島徑セクション56 73

港島徑セクション56 74

港島徑セクション56 75

港島徑セクション56 76

港島徑セクション56 77
漂距柱H063を過ぎると大潭篤水塘にでる。

ダムはもー間近!

港島徑セクション56 78
あの人怖くないのかしら・・・・・

港島徑セクション56 79
巨大なダムの堰堤を渡る。
場所は異なるが、今日は自力で渡る。

港島徑セクション56 80


港島徑セクション56 81

港島徑セクション56 82

港島徑セクション56 83

港島徑セクション56 84

港島徑セクション56 85
渡り終えたら、右へ
貯水池に突き出した岬を回る。

港島徑セクション56 86

港島徑セクション56 87

港島徑セクション56 88

港島徑セクション56 89

港島徑セクション56 90
漂距柱H064

港島徑セクション56 91

港島徑セクション56 92

港島徑セクション56 93

港島徑セクション56 94

港島徑セクション56 95
漂距柱H065を過ぎたら左の階段を上がり、山道へ。
港島徑セクション56 96

港島徑セクション56 97

港島徑セクション56 98
漂距柱H066

(途中の写真を誤って消してしまいました。(涙))

森の中を進む。

車のエンジン音が聞こえてくると、もう漂距柱H068に出会う。

大潭篤道へでたら、セクション6は終わった。

大潭篤道の右へ進むとバス停。

更に進み、14番で通ったダムの道へ
港島徑セクション56 99

港島徑セクション56 101

港島徑セクション56 102

港島徑セクション56 103

バスではなく、自力でちょっと歩けた。最高の気分!



港島徑セクション56 105
14番のバスで帰路へ・・・・・



魅惑ルートの14番バスに乗車してなかったら、このホンコントレイル セクション5,6は制覇しなかったのではないかと思う。
繋がっているんだなぁーとつくづく感じました。
制覇して良かった。
次はどこへ行こうか思案中。
お薦めコースがありましたら、教えて下さいね!





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-07 Sun

Tag:香港 情報 トレイル

春節挟んでの前後はとってもお天気が良く、ハイキング日和!
折角なので、行って来ました。

先日乗車した魅惑のルート14番。
大潭篤水塘のダムの道はとても印象に残っている。
その大潭篤水塘付近を歩くルート。

ホンコントレイル セクション5~6

第1章はセクション5をご案内致します。

港島徑セクション56 1
シティバスで黄泥涌水塘公園で下車

港島徑セクション56 2
こちらの階段を上り、

港島徑セクション56 4
大潭篤道に出て、左へ進む。

港島徑セクション56 5
黄泥涌水塘公園を右手にし、進むと
港島徑セクション56 6


港島徑セクション56 7
左手に、ウィルソントレイルとホンコントレイルと書かれたアーチが見えてくる。
香港には整備されたトレイルがいくつかあるが、ここは、香港島を東西に横断する香港トレイルと南北に行くウィルソントレイルが交差しており、少しの間、一緒の所を通ります。

港島徑セクション56 9

港島徑セクション56 10


ここからホンコントレイルがスタート。
港島徑セクション56 8
漂距柱H052


港島徑セクション56 11
階段を上って行く。


港島徑セクション56 13
鉄塔の向かい側にオズボーン記念碑がある。
何の記念碑かういうと、
1941年12月、手榴弾兵団を指揮していたオズボーン軍曹は、日本軍が投げた手榴弾に覆いかぶさり、自分の命と引き換えに仲間を守り、英勇軍事勲章を授け、それを讃えて。

港島徑セクション56 14
配水庫を過ぎたら、

港島徑セクション56 15  港島徑セクション56 16
漂距柱H053とW009が並んで立っている。

漂距柱を目標にテクテク歩く!

港島徑セクション56 17
渣甸山(433m)を目指して、階段を上る。


港島徑セクション56 18
右手には大潭篤水塘。

港島徑セクション56 41
振り返ると陽明山荘が大きく見える。

港島徑セクション56 19


港島徑セクション56 20
大きな石があるが、進みます。
前進あるのみ。(笑)


港島徑セクション56 21

港島徑セクション56 22 港島徑セクション56 23
漂距柱H054とW010
漂距柱を追ってゆく。

港島徑セクション56 24

港島徑セクション56 25
大潭篤水塘を早く間近で見たいな!

港島徑セクション56 26

港島徑セクション56 27
ここが渣甸山頂上。


更に先へ進むと絶景が待っていた。


港島徑セクション56 29
この景色を見たら、今までの疲れも飛んでゆく。

港島徑セクション56 30

港島徑セクション56 31



絶景が名残惜しいが、先へ進む。
港島徑セクション56 28

港島徑セクション56 32

港島徑セクション56 33

港島徑セクション56 34

港島徑セクション56 35
先ほどの頂上からの眺めとは異なる角度から
こちらも素晴らしい~。

港島徑セクション56 36
目の前に採石場が見え、そちらへ一気に下ってゆく。

港島徑セクション56 37

港島徑セクション56 38 港島徑セクション56 39
漂距柱H055とW011を確認。

港島徑セクション56 40


港島徑セクション56 42

港島徑セクション56 43
急な斜面分かります!?

港島徑セクション56 44

港島徑セクション56 45 港島徑セクション56 46
漂距柱H056とW012

港島徑セクション56 47

 



降りきったら、登ってゆく。

ここがホンコントレイル最大の難所だそうだ。


急な斜面。

港島徑セクション56 48 

港島徑セクション56 49 港島徑セクション56 50
登りきって平坦を歩いていると漂距柱H057とW013が待ち受けている。
並んだ漂距柱はここまで。
次の分岐でウィルソントレイルは左へと分かれる。
港島徑セクション56 52

畢掌山(417m)へ向けて登る。

港島徑セクション56 51


港島徑セクション56 53
何だか巨大なサッカーボールがあるかのよう。
これは山頂のレーダーだそう。







港島徑セクション56 57
頂上


港島徑セクション56 54

港島徑セクション56 55

港島徑セクション56 58

港島徑セクション56 59

360℃のパノラマが広がっている。

港島徑セクション56 56



港島徑セクション56 61
急な階段を下って、

港島徑セクション56 62
漂距柱H059があり、

港島徑セクション56 64
あずまやの後ろから出て行き、大風坳という三叉路の峠。
3本の道は全て柏架山道。
右の柏架山道へ
この道を下って行くとセクション6に突入!

今日はここまで。
このセクション5は上り下りがきつい所がありますので、ご注意下さい。

つづきは次回へ。





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-07 Sun

Tag:香港 情報 トレイル

以前お伝えしたハッピーバレーのそばにある六角形の形した建物(ジョッキークラブ)。その帰り道に見つけたのがこのお寺。
下り坂をテクテク・・・・

あれ?
何だか歴史を感じさせる建物が目に入ってきました。


東蓮覺苑1

東蓮覺苑9

東蓮覺苑8
何東伯爵の婦人、張蓮覺さんが建立された寺院で、おふたりの名前から付けられました。
(何東さんは、砂糖の売買と不動産で財産を作った有名な実業家。
子孫には、ブルースリーや、スタンレーホー=マカオのカジノ王がいます。)

東蓮覺苑11

東蓮覺苑13

東蓮覺苑12

東蓮覺苑15

東蓮覺苑16




東蓮覺苑10
1935年、このお寺と隣接する宝覚小学校が建設され、恵まれない婦女子に開放されていました。


東蓮覺苑14


東蓮覺苑3

東蓮覺苑2

東蓮覺苑4

東蓮覺苑5



当時はやっていた中国文芸復興建築の様式を取り入れて建てられ、窓には西洋式のステンドグラスが使われたりしており、中国式と西洋式の良い所を取り入れた建物となっています。2009年には香港の一級歴史建造物に認定されています。

東蓮覺苑6

東蓮覺苑7



人通りの多くない坂の途中に建設されており、訪れる人も少ないですが、一見の価値のある歴史建築です。
今年は建築80周年に当たり、記念行事も計画されている様です。一度、見学に行かれてはどうですか?




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます





Tag:香港 情報 観光スポット 歴史建造物

彩雲ポストを求めて辿り着き、お腹が空いたので、ポストの向いの商場へ吸い込まれて行きました。 (笑)

辿り着いたのが桃園制作
何だか名前からして、飲食店のような感じがしませんが・・・・
茶餐廰系のお店です。
桃園制作7

お客さんは次から次と入ってきます。

桃園制作3


桃園制作8
こちらのお店は二人掛けの席が多いですね。
どんなに混んでも合い席になる確率は少ないですね。


私たちも合い席にならずに済みました。

桃園制作1

注文したものはお店の看板メニュー。

桃園制作4
咖哩牛坑腩   HK$47
お肉がゴロゴロたくさん入ってる!これは肉食系にはたまりません!
マイルドの中に辛みも楽しめる。この洋風カレーは香港ならではの味です。

桃園制作6
避風塘艇家炒麵   HK$47
香港らしい焼きそば、唐辛子のピリ辛が効いてとても美味しい一品です。
でもたくさん入っている唐辛子は、極力除けて食べましょう。


桃園制作2
どちらもドリンク付き。


桃園制作5
店内には昔の香港の写真が飾られています。

桃園制作は30年の歴史があるそうです。店構えは新しくなっていますが、昔の写真や小物をアレンジして、レトロな感じも残しています。そして、その歴史を感じさせる洋風カレーと焼きそば、一度は味わってみて下さい。


彩雲ポストへ行きましたら、こちらも寄ってはいかが?


=お店情報

≪桃園制作≫

住所:黃大仙彩雲商場A322號舖

電話番号:(852)2764-0118

営業時間:07:00-22:00

休業日:なし





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-6 Sat

Tag:香港 情報 茶餐廳

植民地時代のポストは、現在59個残っていると言われています。(現役引退したポストがこれ以外にありますので、正式な数は調査中です)

今日のコロニアルポスト巡りは2つ!

ひとつ目はMTRの彩虹駅から少し行った所です。

彩雲ポスト
彩雲ポスト1

彩雲ポスト2
エリザベス2世の紋章

彩雲ポスト3

彩雲ポスト4

場所は、彩雲商場の道路挟んだ向い側にあるミニバス乗り場のそばです。

彩雲商場へ行くバスは、
10=旺角鉄路駅、21=紅磡鉄路駅、から乗車して終点です。乗り過ごす心配はないですね。

彩雲ポスト5


もうひとつのポストはこの彩虹商場から3Mのバスに乗って、終点の慈雲山北駅下車、少し戻った正暉樓のバス停そばの道路の脇にあります。
(この3MはMTR彩虹駅にも停車しますので、直接行くには、そこから乗車できます)


慈雲ポスト2


慈雲ポスト4
エリザベス2世の紋章

慈雲ポスト5


慈雲ポスト6


慈雲ポスト1
裏側

イギリス植民地時代に設置されたコロニアルポストも残り少なくなってきました。元々赤色だったポスト(日本と同じですね)も中国に返還されてから緑色に塗り替えられてしまいました。近い将来、英国の国王のマークも切り取られてしまう様です。まだ英国の面影を残している間に見に行きましょうね。

尚、このポストを求めてここまで来たので、ちょっと寄ってみたら、何と驚きの寺があった~ と言うのが、昨日アップした「神様の宝石箱や~慈雲閣」です。

この日の行程は、

バス(10,21)→彩雲商場→コロニアルポスト393番→バス(3M)→慈雲閣→少し坂を下って→コロニアルポスト202番→慈正邨正暉樓バス停→バス(3B,3D,3M,5C)→MTR

となっており、ちょっとした香港半日旅行となりました。
こんなディープな香港小旅行がいくつかありますので、今後、詳しい行き方を書いてアップしていきますね。



この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-06 Sat

Tag:香港 情報 郵便ポスト

慈雲閣って聞いた事ありますか?
私は全く知らなくて、植民地時代のポストを求めて近くまで行って初めて知りました。
(ポストの方は近々、アップします)

行き方は、KMBバスで「慈雲山(北)総站」まで行きます。終点ですから、乗り過ごす心配はないですよ。

3C:中湾城(澳門行フェリーターミナル地下)、旺角駅、太子駅、九龍塘駅から乗車出来ます。

3M:彩虹駅、15A:藍田駅からも乗車出来ます。

慈雲閣52

慈雲山北駅のすぐ隣り。下車してそのまま道を上った右手にあります。

慈雲閣2
表の門の構えからして、「なんでこんな僻地にこんな豪華なお寺があるの?」と思ってしまいます。

慈雲閣1

慈雲閣3

慈雲閣4

慈雲閣5
しかも、門の両サイドには、ターバンを巻いた男性が2人。「ここはペニンシュラホテルか-?」とつっこみを入れたくなります。


慈雲閣6
少し階段を上った右側に古國神廊があります。

慈雲閣14

慈雲閣13
入ってみてびっくり。色々な神様の像がずら~~~と並んでいます。

慈雲閣12


慈雲閣9
武財神

慈雲閣10
青龍

慈雲閣11
雷神

聞いた事のある神様も、本当かいなと思う神様も、こんなに集めて喧嘩しないのと心配するぐらいです。

慈雲閣8
その中の一つ、なんと耳たぶをカエルに噛ませてご満悦の神様がいます。こんな神様見た事ありますか?なぜ、カエルに耳たぶを噛ませているの?色々と調べましたが、解りません。ご存じの方はぜひ、教えて下さい。


ここから更に階段を上りますと、本殿がある場所へ到着。ここでもびっくり。

慈雲閣18

慈雲閣16
まず目に飛び込んで来るのは池。真ん中におおきな太湖石、その周りに色とりどりの龍。

慈雲閣17
よく見ると太湖石に鳳凰の彫刻が施されています。池の中にはたくさんの亀がいます。
慈雲閣15


慈雲閣20

左手側には、牛を引いた男性とそれを遠くから見つめる女性群。何かの物語にあったような、ないような・・・

慈雲閣21

慈雲閣19


更にその先に進みますと、祠、虚天宮など・・・・・




慈雲閣22

慈雲閣23

慈雲閣24
慈雲閣27

慈雲閣28

慈雲閣29

慈雲閣30


慈雲閣25

慈雲閣26



慈雲閣31
そしてその奥には、何と地獄めぐりが・・・

慈雲閣32
怪しげな雰囲気の中へ

慈雲閣33
こちらの階段の左手に地獄が描かれてます。

慈雲閣34

慈雲閣35
地獄へ行ったら待ち受けている!?凄い光景がたくさん展示されていますが、ご自分でご覽下さいませ。

慈雲閣36
更に上に進むと、今度は観音廟が。それも神さま毎に設置されています。(やり過ぎ?)

慈雲閣38

慈雲閣37
観音様を囲むように両壁に施されてます。
慈雲閣39


慈雲閣40


慈雲閣42

慈雲閣43
全て木彫りです。

慈雲閣41


慈雲閣44

慈雲閣45
カラフルな龍

慈雲閣46

慈雲閣47



慈雲閣48

慈雲閣49


慈雲閣50
ご先祖様があちらで不自由ないように・・・・
恒例の紙で作られたお供え物ですが、ここでは紙に書いた願い事を一緒の袋入れて燃やします。

慈雲閣51




慈雲閣7


ここへ来たら、色んな神さまと触れられます。ちょっとした遊園地気分です。
是非、行ってみては。



慈雲閣

住所:九龍慈雲山慈雲山道150號




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-06 Sun




Tag:香港 情報 観光スポット

香港在住の方は、のんびりとした異国情緒を求めてスタンレーに行った事があると思いますが、どのルートで行きましたか?

中環から香港中央部のトンネルを一気に抜けて行くか、それとも西側回りのバスでしょうか?

ところが、バスの旅も楽しめるとっておきのルートが、14番です。
走る区間は西湾河(愛秩序湾、愛徳街)―赤柱炮台、香港島の東側の山道を走り、赤柱へ向かうルートです。

始発は、西湾河の嘉亨湾バスターミナルです。西湾河駅のA出口を出て右に進み信号を渡ったらあります。次の停留所は、西湾河駅でA出口の所ですが、2階の良い席を確保したいなら、始発に向かいましょう。お勧めは、最前列左側です。

14番のバス乗車1
西湾河から筲箕湾を抜けると急な上り坂に入ります。

14番のバス乗車28

14番のバス乗車27
坂道の右側に小学校がありますが、その建物の右側から左側の端まで行く間に1階分登ってしまいます。本当の急坂です。

14番のバス乗車16

14番のバス乗車15
大潭道の坂を一気に上り、



14番のバス乗車2
香港島の東側を南に向かいますが、東海岸は入り江が入り組んでいるので、少し山側を走ります。その為、海の景色は良く見えません。

14番のバス乗車3
そして、頻繁に垂れ下がった樹木の枝がバスの窓にぶつかります。バン、バンと言う音で、一番先頭に座っているとびっくりするぐらいです。

14番のバス乗車4

14番のバス乗車5
暫くの間、亜熱帯の林の中を走ります。周りに人工物がない森林の中を走っているととても綺麗な空気(フィトンチッチ)を吸っている実感がします。

14番のバス乗車6

14番のバス乗車7

14番のバス乗車8
森林の中を走っていると、突然、前が拓け、湖の青い色が飛び込んできます。

14番のバス乗車9
ここが大潭篤水塘です。道の前方には、ダムを渡る道路、右側には青々とした湖、左側の遠く下の方にはダムから流れ落ちた川。

14番のバス乗車10

14番のバス乗車11
ここが、14番バスのクライマックス。何とダムの上の細い道路をバスが渡ります。

14番のバス乗車31
バスだけでも一杯になるくらいの道幅、対向車が来ると、スピードを落とし、ギリギリの車間ですれ違います。

14番のバス乗車12
バスの2階席から見ると、細い道路で右が湖、左が谷底、こんな場所でギリギリの間隔で対向車とすれ違っていますが、間違って接触してたら谷に落ちてしまいそうです。
でも、このダムの道路の上から見る景色は絶景です。右側の満々の水を蓄えた湖、左下の深く入りこんだ海の景観、とても美しい景色です。




14番のバス乗車29

14番のバス乗車30

尚、ダムの堤防の手前のバス停からは、香港トレイルのポイントとなっており、たくさんの登山者が下車していました。(このトレイルもとても素晴らしいです。この件は別途アップします。)



14番のバス乗車13
堤防を越えると再び、林間道に入り、バン、バンと言う木の枝が当たる音を聞きながら進みます。


14番のバス乗車21
紅山半島を越えると海に近くなり、木々の間から海の景色が垣間見れます。

海が視界から離れ、建物が多くなってきましたらスタンレーに近くなって来ています。

ゆるやかな坂を下っていけけば、目的地赤柱村です。

14番のバス乗車23


14番のバス乗車22





14番のバス乗車20

ところで、この14番のバスの終点は赤柱炮台です。ここは赤柱半島で行ける一番南の場所です。この先は軍事施設となっており入る事が出来ません。

14番のバス乗車19
時間があればそのまま終点まで乗っていって、軍事施設の入り口の写真でも撮ってきては如何ですか?

14番のバス乗車18


14番のバス乗車17
乗ってきたバスは数分後に折り返しますので、写真撮影後、すぐに乗り込んで戻って、赤柱村で下車すればいいのです。赤柱村で下車する時に、もう一度、オクトパスを再タッチすれば、短距離料金が適用され、差額が戻ってきます。



香港のバスは2階建てなので、乗っているだけでも旅行気分に浸れますね。いくつかの路線は、ルートそのものが観光ルートの気分を味あわせてくれます。今後も面白いバスルートをアップしますね。






この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-04 Thu

Tag:香港 情報 バス

赤柱(スタンレー)と言ったら何を思い出しますか?
きれいな海岸?
海岸通りに並ぶおしゃれなレストラン?
殆どの人がその異国情緒豊かな雰囲気を楽しみに訪れると思います。
でも、赤柱(スタンレー)には香港らしい裏の楽しみがありました。
その第一弾は昨日の赤柱(スタンレー)UPした騎樓。
そして第2弾はその隣にある郵便局です。

赤柱郵便ポスト2
こちらの郵便局の佇まい、かわいい。

赤柱郵便ポスト7


赤柱郵便ポスト8


赤柱郵便ポスト3
そしてこちらに英国王室の紋章が刻まれた郵便ポストがあります。
現役ではございませんが!
今まで拝見したものはグリーンのものでした。
しかし、こちらは返還された時に塗り変えられてグリーンとは異なり、塗り変えられてません。
展示物として飾られていますが、赤のポストを目にした。
嬉しかったですね~。

赤柱郵便ポスト4
ジョージ6世


赤柱郵便ポスト5
そして、こちらの現役切手自販機のお隣には、手動式の切手販売機が展示されてます。
初めて目にしました。

折角なので、中も覗いて見ました。
赤柱郵便ポスト6
木の温もりが感じられるとっても外見と合っていました。
昔の郵便局に触れられます。

かわいい郵便局は郵便博物館のようです。

是非、赤柱(スタンレー)へ行く際には行かれてみて下さいね。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-04 Thu

Tag:香港 情報 郵便ポスト

旧正月、どうしてますか?
香港はとても良い天気で空気もきれいですね。こんな時には、素敵な騎樓を見に行きましょう。
という事で、今回もとっておきの騎樓を紹介します。

場所は赤柱(スタンレー)、ここにとてもすてきな騎樓がありますが知っていますか?
スタンレーの赤柱村のバス停の向かい側に洒落た作りのWELLCOMEがあります。これが、古跡にも指定されている騎樓なのです。

赤柱騎樓1
1859年建築、香港に現存する最も古い警察署の建物で、英国式風格を持つ騎樓です。

赤柱騎樓18


赤柱騎樓4

赤柱騎樓2


赤柱騎樓3
1983年に法定古跡に認定され、1993年に修復、外観は元に近い状態となりました。

前方と後方に同じ様なバルコニーが配置され、白色に統一された壁、屋根は瓦張りの木造建築で、主柱の一部は階段脇に今も残っています。

赤柱騎樓5

赤柱騎樓6

赤柱騎樓7

赤柱騎樓8

赤柱騎樓9

赤柱騎樓10


最初は「Table88」と言うレストランが営業していましたが、店を閉めた後、公募の結果、恵康超市が権利を獲得して2003年から使用しています。

赤柱騎樓11

赤柱騎樓12
こちらは何だと思います?
暖炉です。
ちょっと見ずらいですが・・・・・

赤柱騎樓13
バルコーニーからの眺めです。

赤柱騎樓14

味が出てますね。

赤柱騎樓16

赤柱騎樓17



歴史建造物である事を考慮して、看板は上の方に比較的目立たない色にし、2階には軽量な商品を置き負担を軽くする、手押し車は使用禁止等の配慮がなされています。

赤柱騎樓19
お店の中の至る所に騎樓の面影が残されており、それを探すのも面白いと思いますよ。





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-04 Thu

Tag:香港 情報 観光スポット 騎樓 歴史建造物

恭喜發財♪
大吉大利! 身體健康! 心想事成!
2度目のお正月です。

みなさんのご健康と素晴らしい1年となりますように!

春節を迎え、今後益々、顔晴って行きますので
どうぞよろしくお願いします。


今しか手に入らないシリーズ! 第2弾!!
をお届けします。

まずひとつ。
金魚パン
金魚パン
旧正月向けのパンです。
こちら香港では金魚はお目出度いんです!
聖安娜餅屋(Saint Honore Cake Shop)にて


ティラミス
維他奶(Vitasoy)ティラミス味
このシーズンのみの販売です。
昨年の絵柄はこちら ⇒ http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-181.html



香港絵柄ビール
香港絵柄入りビール
サンミゲルから発売中!
お土産になるなぁ~。

購入しとこー!
お土産にしようっと! (笑)

お求めの方はお早めに♪






この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます



Tag:香港 情報

女子10名でのランチ女子会のお店は、1つ星の広東料理店「大班楼」で
なかなか、予約が取れないお店。

上環(ションワン)E出口から歩いて5分ほど。

周りには結構有名なお店が集まっている。
トマトスープで有名な勝香園、(行きました。)
それに、九記、蓮香樓・・・・などなど

大班樓11

白を基調とした店内は小奇麗。
店内の写真を撮り忘れ。(汗)

ランチセットは、アペタイザー、メイン、スープ、デザートから
三道菜   HK$198
四道菜   HK$218

半数の人がこちらのお店来店していて、
お料理はその方々にお任せしちゃいました。

メニューも見ていなかったので写真も撮れず。
料理名がはっきり明記できません。悪しからず(汗)

大班樓1
本日のスープ
薬膳系の蒸しスープ
烏骨鶏が入ってます。
少し漢方臭さがあるが、味わっていると滋味深さが感じられる。
身体がぽかぽかしてくる。

大班樓2
あさりの酒蒸し

大班樓3
甘酢漬けのチェリートマトと梨

大班樓4
イカノフリッター
ワンタンも入ってます。かさ増し!?
ビールが進みます。

大班樓5
酢豚

大班樓6


大班樓7
えび

大班樓8
十八味豉油鶏


大班樓9
豚バラ肉がタレで煮込まれた料理
とっても柔らかく、しっとりしています。
ご飯が進みそう~。

大班樓10
デザート
金木犀とクコの実のアイス


こちらのお店は大人数で行った方が色々注文出来、
種類がたくさん食べれますね・・・・・・

店内綺麗で、お料理もバッチリ。
人気店なのが分かります。

機会があれば、もう一度訪れたいなぁ!



=お店情報

≪大班樓 The Chairman ≫

住所:中環九如坊18號地下

電話番号:(852)2555-2202

営業時間:12:00-15:00, 18:00-22:30

休業日:なし

http://www.thechairmangroup.com/



この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2015-12-16 Wed

Tag:香港 情報 グルメ

沙田にあるスヌーピーワールドを訪ねました。
何度も行ってますが、ブログにUPしよう~と思っていて忘れてしまう。

今回は忘れずにUP出来ました。(笑)

最初は3年前に行った。
その時は結構写真撮りました。
数回行っていると撮らなくなってきますね。

ブログUPしたつもりになっていて、あまり撮ってません・・・・・

スヌーピーワールド16


スヌーピーワールド1
スヌーピー好きには堪らない。
大人から子供まで楽しめます。
スヌーピーワールド2

スヌーピーワールド3




スヌーピーワールド5
乗り物はカヌーボートだけが、その他にアスレチック施設があります。

スヌーピーワールド15
スクールバスも設置されてます。

お子さんを遊ばせるのに良い場所です。

スヌーピーワールド6

スヌーピーワールド8

スヌーピーワールド9

スヌーピーワールド10


スヌーピーワールド11

スヌーピーワールド12


スヌーピーワールド14
チャリーブラウンは髪の毛が2本しかないの?


スヌーピーワールド4
結婚式も出来ちゃうとか!?

スヌーピーワールド13


ニュータウンプラザの隣の屋外施設で入場料は無料です。


スヌーピー好きにはたくさんの写真ポイントがあるのでオススメです。



この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2016-01-30 Sat

Tag:香港 情報 観光スポット

お知らせ:写真の枚数がかなり多いです。
      しばしのお付き合いをお願い致します。
      ご了承くださいませ。



お正月と言えば、初詣で!となりますよね~。
来週は旧正月!
初詣でに出掛ける方もいらっしゃると思います。
昨日に続き、初詣へ出掛けるスポットをご紹介しちゃいましょう。

その場所は・・・・・・MTR東鐡線の沙田駅から歩いて20~30分でしょうか???
人によります。
写真を撮りながらになると30分ほど見ておくといいかと思います。

沙田駅改札口B出口からでます。(バス停がある方です。)
左に道なりに進みます。

生活感たっぷりな脇を通過~
201601萬佛寺1

201601萬佛寺2

201601萬佛寺3



IKEAの脇を通り、

この先を進みます。
微かに金ぴかが顔を覗かせてます。(笑)

3年前に訪れた時はこちらの道を下ってきました。
今回は逆を行きます。
201601萬佛寺4

201601萬佛寺5
両脇に金ぴかの仏像が並んでます。
初めての方は誰も驚かされます。

201601萬佛寺6
思わず、撮ってしまった。
201601萬佛寺7
ダブルハピネスの文字が・・・・・


201601萬佛寺8
いや~!とでも言っているよう!
何があったのでしょう~???

201601萬佛寺9

201601萬佛寺10

201601萬佛寺11
あら、ま~って感じ・・・・?

201601萬佛寺13
眉毛が長くて視界が悪いでしょうね。(笑)

201601萬佛寺14
孔雀の背に乗ってどこ行くの~?

201601萬佛寺15
マジックハンドみたい!?

201601萬佛寺17
わ!足長~い。


201601萬佛寺16
こちらが門です。

201601萬佛寺19
本堂と塔


201601萬佛寺20
目から・・・!?

201601萬佛寺21

201601萬佛寺22
殆どの道の両脇には金ぴかが並んでます。

201601萬佛寺23

201601萬佛寺25

201601萬佛寺27

201601萬佛寺28

201601萬佛寺29
今年の干支の猿がおります。
人慣れしています。

201601萬佛寺30
仏像、壊しちゃだめよ!

201601萬佛寺31
古い建屋があります。
とっても気になる~。

201601萬佛寺33

201601萬佛寺34
この景色が建屋からも眺められるのね。

201601萬佛寺35
前回はこちらまでしか行けませんでした。
この先、改修工事してました。


201601萬佛寺36
今回は前へ進めます。

201601萬佛寺37

201601萬佛寺43


201601萬佛寺38

201601萬佛寺39
観音様です。

201601萬佛寺40
やっと会えました。

201601萬佛寺42


201601萬佛寺45
たくさんの亀がいます。

201601萬佛寺47


201601萬佛寺51
1949年からこの地に移り住んだ月溪法師が、1949年に創建、1957年に落成したお寺です。山の高低さを利用して、5つの本殿、4つの観音亭、1つの塔が配置されています。

201601萬佛寺50
中の撮影は出来ません。

201601萬佛寺48

201601萬佛寺52


201601萬佛寺58


201601萬佛寺57




201601萬佛寺53

201601萬佛寺54


201601萬佛寺55


201601萬佛寺56


参道にはたくさんの金色の仏像が並んでいますが、萬仏寺の名前の由来はそこではなく、本殿に安置されている12000体以上の仏像からです。


201601萬佛寺60
こちらのレストランでは精進料理が食べれます。
折角なので頂きました。

201601萬佛寺61

201601萬佛寺62

201601萬佛寺63


201601萬佛寺64
ご飯とおかずとお茶で締めてHK$60です。

201601萬佛寺67

201601萬佛寺65
腐球扒北近菇
八宝菜を感じさせます。
お肉は油揚げで表現しています。

201601萬佛寺66
生炒素排骨
酢豚のようです。
パイナップルはリンゴでした。


食事も終わり、3年前に登ってきた道を下ります。
201601萬佛寺68
振り返りパチャリ。

201601萬佛寺69


201601萬佛寺70


201601萬佛寺71



201601萬佛寺72
あれ~?
何か違うぞ~。

3年前とはちと違う!?
(3年前に行った時にはブログを書いてませんでしたので、その記事はありません。)
はい、記憶は正しかった。

ここからは3年前の写真です。
201301萬佛寺79

201301萬佛寺76
ヒーヒーフーフーしながら、登りながら、たくさんの仏像があったのに、
この辺には今現在、ありません。

201301萬佛寺77

201301萬佛寺78
石林
昨年のお正月行ったわ~。

201301萬佛寺81
本堂まで行く道は今回登ってきた方をメインにするんですね。

201301萬佛寺82
本堂があるレストランのところにも仏像があったのに、今はありません。

少しずつ変わっていっているんですね。

*それ以外の情報を集めました。


準提殿には馬に乗った関羽の像がありますが、この馬が「赤兎馬」です。三国志に出てくる有名な馬ですが、香港ではここだけにしかありません。
撮り忘れました。(汗)

この萬佛寺は、「インファナル・アフェア(無間道)」一作目の冒頭でロケに使われた場所としても有名です。


仏寺への行き方は、下記のサイトが参考になります。
http://pami.gonna.jp/notes/travel/963/


201601萬佛寺73
降りて行く途中に、養蜂所があります。
興味があり、向かいました。

201601萬佛寺74
中に入ろうとしましたが、蜂がブンブン飛んでいて、
危険なのでここまでで諦めました。

201601萬佛寺75
蜂分かりますっ?


今回降った道はオススメ致しません。


かなりの写真の多さにびっくりされていると思います。
これでも絞りました。(汗)
是非、行かれてお好きな仏像を探してみて下さい。

我が家ではこちらの萬佛寺をお笑い寺と呼んでます!






この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-01-30 Sat

Tag:香港 情報 観光スポット

新界の沙田に車公がありますが、「車公」とは誰の事でしょうか?

車公廟1

車公廟3
門を潜ると車公のトレードマークでもある風車が売られてます。

車公廟2
お線香もさまざまな大きさのものがあります。

車公廟4

車公廟5

車公廟7

車公廟10

車公廟6


車公廟8
車公は、南晶出身で南宋時代の有名な猛将の一人です。南宋末期、蒙古の追撃を避けながら香港まで王子を守り抜いた英雄です。後に病気でこの地で死亡したので、神霊としてこの場所に奉ったと言われています。
南宋の王子ゆかりの宋王台について記事はこちら⇒ http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=627

車公廟9





この場所は、3本の川が合流しており、後ろには山がそびえており、風水的にもすばらしい場所となっています。



清朝時代に、沙田で多くの疫病が発生しました。困った村人達は、車廟内の神像を各村に運んでいき疫病回復の祈願をした所、疫病が消え、これにより車公廟の霊験は更に有名となりました。



元々の廟は300年以上の歴史がある二級建築物ですが、1994年に大々的な改修工事が行われ、従来の8倍の大きさとなりました。元々の廟は本殿の裏にあり見る事が出来ません。


本殿の神殿の上には車公の像がり、主殿の両側には、鐘楼と堤楼があります。




毎年、旧正月の2日にはたくさんの人が訪れ、今年の運勢を占っていきます。
旧暦の1月2日は車公のお誕生日なのです。この日に訪れてお誕生日のお祝いをして、代わりに福を頂こうと言う事なのですね。


車公廟14


車公廟15
まず、車公を拝んだ後、傍らにある銅製の風車を廻して幸運到来を祈願します。
現状が順調で、今後もこのままうまく行ってほしい場合は右へ3回、現状があまり良くない場合には左へ3回羽根を廻します。そして最後に太鼓を3回たたきます。


車公様の右手には福禄宮があり、財神様が祀られてます。
車公廟12

車公廟13
陰陽五行のマークですね。


逆の左手には元辰殿
車公廟16


元辰殿から出ると通りがあり、そこでは占い師がおり、みなさんみてもらってます。
車公廟17


車公廟18
旧正月前だというのに結構な人出です。
びっくりしました。


旧正月にはたくさんの人出で賑わいます。
1月2日に行かれ、車公様のお誕生日をお祝いして、祈願されてはいかが。



アクセス
MTR東鐡線 大圍駅 or 馬鞍山線 車公廟駅から徒歩10~15分ほどです。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2016-01-30 Sat

Tag:香港 情報 観光スポット

ガイドブックには必ず登場する。

映画のロケ地でもある。

つい最近では、タッキーも訪れた。


201602美都2
50年以上の歴史がある茶餐廳 『美都餐室』
以前の記事⇒ http://hongkongkisaragi.blog.fc2.com/blog-entry-457.html


只今、旧正月休みです。
201602美都1

営業は11日からです。
ご旅行などでご予定される方、お気を付け下さい。


3年前に訪れたのが2日でした
201302美都
約2週間お休みでしたね~。
お休み期間が短くなったなぁ!
不況なのかしら?
しかし、楽しみに訪れたのにショックでした。

折角、行ったのにお休みだった~はショックですから、
事前に行きたいお店のお休みをチェックされることをオススメ致します。



この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-02 Tue



Tag:香港 情報 茶餐廳

九龍城騎樓巡りが終わりました。
ご近所に古跡があります。
そちらへ足を伸ばしました。




宋王台は、宋皇台道と馬頭涌道との交差点に面した所にあり、とても珍しい歴史価値の高い古跡です。
宋王台6
こちらが入り口。

宋王台5
宋王臺公園です。
庶民の憩いの場所。

宋王台3
1276年、元が南宋に侵攻し恭帝を捕虜にしました。南宋はここに滅亡したとされています。しかし重臣たちは恭帝の王子兄弟端宗と衛王を擁して南方に逃れ、亡命政権を樹立、香港にも半年程滞在しました。宋王台は、二人の幼君が蒙古軍に追われて山の中に逃げ込んだ時、一枚の岩が二つに割れ、その中に逃げ込んで難を逃れたとの言い伝えから設置されました。

宋王台4
なんだか宋王台のバックの木が守っているように感じます。

宋王台2
英国の植民地時代は、「宋王台条例」が制定され、この大きな岩は保護されていましたが、日本軍が占領していた時に、啓徳空港拡張工事の為に破壊されてしまいました。


宋王台1
その時の岩の残骸と石碑を今の場所に移設し1960年に宋王台花園が出来ました。尚、岩の大きさは1/3になったそうです。

宋王台
壊される前の宋王台(宋王臺 - 香港教育城より)

尚、元々は、「宋皇台」と言われていましたが、途中で「宋王台」と変わっています。これは、元の皇帝の目を気にして「王」に切換えた伝えられています。その名残で道路の名前は「宋皇台道」となっています。


九龍城までいらしたら、ちょっと足を伸ばして、こちら「宋王台」の見学をオススメします。
歴史価値の高い古跡に触れられます!



アクセス
バス停名:宋王臺公園
バスNO.3B,5,4C,5D,5P,11,11B,14,15,21,61X,85X,93K,796X





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます



2016-01-03 Sun

Tag:香港 情報 観光スポット

九龍城の騎樓巡りも今回が最終回!


九龍城騎樓39

九龍城騎樓41
3階建ての騎楼。2階の支柱上部に5角形の星の彫刻が施されています。
きれいな状態で残ってます。

九龍城騎樓40
星のマークがはっきり分かります。

九龍城騎樓38

九龍城龍崗道8號





九龍城騎樓42
3階建て騎楼。バルコニーの手摺が凝った創りとなっています。3階部分の壁は階段状になっています。

九龍城騎樓44
写真のアングルが悪く、階段状はわからない。

九龍城騎樓43


九龍城騎樓45

九龍城衙前圍道68號




九龍城騎樓46
2連4階建ての騎楼。柱部分が茶色に塗り分けられており洒落た作りとなっています。

九龍城騎樓48
麻雀店が入ってます。

九龍城騎樓47

九龍城龍崗道16-18號




九龍城騎樓49
片足の珍しい騎楼。角地に建てられた質屋で脇からも出入り出来る構造となっている事から、角側の柱を作らなかったのではと思われます。

九龍城騎樓50
結構、騎樓の建物には質屋さんが入ってます。
儲かるんですかね~。
そして、外壁は白かクリーム色が多いです。

九龍城騎樓51

九龍城城南道22號







九龍城騎樓52

九龍城騎樓55
3階建て騎楼。オレンジ色のタイルで全面が覆われています。

九龍城騎樓54


九龍城騎樓53

九龍城打鼓嶺道29號



実はもうひとつあったのですが、そこはもう建て替え工事されていて、
影も形もありませんでした。
残念でなりません。


あと、深水埗(シャムスイポー)の前回見られていないところがいくつかと土爪灣、香港島で北角、西榮盤!
行くまで現状のままで残っていてね!





この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2016-01-03 Sun

Tag:香港 情報 騎樓

九龍城の騎樓巡りも後半になりました。

今日ご紹介の騎樓は・・・・

九龍城騎樓56


九龍城騎樓57
2棟続きの騎楼ですが、高さ、形状が異なっており、面白い状態で残っています。

九龍城騎樓59

九龍城騎樓71
貴嶼仔 潮州菓子店
香港の伝統菓子を取り扱ってます。

旧正月、婚礼などに用いるお縁起の良いお菓子が勢揃い!

五色礼餅とは、杬仁明糖、淋糖、鴨頸糖、豆仁方條、白皮綠豆餅の5つのお餅の事で、これにより、5つの福をもたらし、5世代に渡って繁盛すると言う意味が込められています。
これは目出度い!

このお店は、1948年からこの地で経営をしていますが、古くから発行している商品券は未来永劫使用できると宣伝しています。
http://www.kywkl.com/20060719/chi-li-bing.htm
何十年も前の物が使用出来るとは素晴らしい。


お菓子の数々
九龍城騎樓60

九龍城騎樓61

九龍城騎樓62


九龍城騎樓63


九龍城騎樓64


九龍城騎樓65


九龍城騎樓66


九龍城騎樓67


九龍城騎樓69


九龍城騎樓68
縁起の良い子豚ちゃん
中は小豆餡だそうです。


九龍城騎樓70

まだまだ種類はあります。
全部でどれだけの数があるのでしょう~。
覗いて見るのも楽しいですよ!



貴嶼仔のお隣は漢方屋さん
九龍城騎樓72
残念ながら閉まってました。

九龍城騎樓58

九龍城城南道59號地下


騎樓巡りをしていて、見たことのない、お菓子を目にしました。
来週は旧正月前ですから店内賑わっていることでしょう~。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます


2016-01-03 Sun

Tag:香港 情報 騎樓

WHAT'S NEW?

ブログパーツ