スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉嶺・龍躍頭文物径 1/3

 04, 2013 22:18
龍躍頭文物径 目指して。
粉嶺へ

龍躍頭文物径1 龍躍頭文物径2

龍躍頭文物径3 龍躍頭文物径4

龍躍頭文物径5
粉嶺駅のモールには大したお店がなく、
やむなく吉野家でランチ。
お腹を満たした。





龍躍頭文物径7 龍躍頭文物径6
粉嶺駅から龍躍頭文物径へ行く出口の反対側にあります。
蓬瀛仙館 
寺院です。
団地のような納骨堂。故人の写真が飾ってあります。
日本のように1つのお墓で家族が入るようではありません。

お墓についてhttp://db.soknet.com.hk/thehk2000/today_news_back_details.aspx?id=8541

龍躍頭文物径8 龍躍頭文物径9

龍躍頭文物径10 龍躍頭文物径11

龍躍頭文物径13
粉嶺の街並み 
龍躍頭文物径14 龍躍頭文物径15




龍躍頭文物径16
おもしろい看板発見
何が言いたいのでしょう~




龍躍頭文物径17 龍躍頭文物径18

龍躍頭文物径19 龍躍頭文物径20

龍躍頭文物径21 龍躍頭文物径22
龍躍頭文物径23



龍躍頭文物径88
ここからスタート。
龍躍頭文物径24 龍躍頭文物径25

龍躍頭文物径28 龍躍頭文物径27 龍躍頭文物径26

スタート前にここで済ますのもありです。



龍躍頭文物径29

龍躍頭文物径30
集合郵便受け
路地が狭く、郵便局の方も大変だから!?

龍躍頭文物径31

龍躍頭文物径32
祟謙堂
1927年建立、1951年増改築、1983年閉鎖。
同じ敷地内に教会と教会付属幼稚園があった。
龍躍頭文物径33 龍躍頭文物径34
緑が多くのどか。               緑の奥にマンション群が建設中。
                         ニュータウン化されるんですね~
龍躍頭文物径35 龍躍頭文物径36

龍躍頭文物径37
石廬の文字
手にしている香港漫歩游の粉嶺漫游路線には載っていない。
矢印の方をうろうろしましたが見つからず。
先に進みましょう

龍躍頭文物径38 龍躍頭文物径39


龍躍頭文物径40 龍躍頭文物径41
麻芴圍
鄧一族が清時代に建立された。入り口には鉄の丸環で作られた門が入口に据え付けられている。
1994年古蹟に認定された。

龍躍頭文物径42

龍躍頭文物径43
ご苦労様~

龍躍頭文物径44


龍躍頭文物径47 龍躍頭文物径46 
老圍
鄧一族が最初に作った塀で囲まれた村。
門はとても小さく外部からの攻撃を守るのに適している。
門の内側に小さな井戸があり、村民の飲み水はここから取っていた。
1997年古跡に認定され、その後随時改修されているが、
資金香港の競馬慈善会の資金が使われている。

中の撮影は禁止の為、井戸の写真はありません。
龍躍頭文物径48 龍躍頭文物径45

龍躍頭文物径68 龍躍頭文物径69



龍躍頭文物径49

龍躍頭文物径51 龍躍頭文物径52 龍躍頭文物径53 
天后宮
建築時期は不明、1913年と1981年に回収工事が行われた。
一つの正殿と2つの副殿があり、正殿には天后と千里眼、順風耳が安置されており、
左殿には、2つの古い鐘がある。
その内の一つは1695年に鄧一族により奉納された。
2002年11月古蹟に認定された。 
龍躍頭文物径54 龍躍頭文物径55
壁画が3Dになってます。

龍躍頭文物径56 龍躍頭文物径57
                       1695年に鄧一族により奉納された鐘
龍躍頭文物径58 龍躍頭文物径59



龍躍頭文物径60 龍躍頭文物径50
松嶺鄧公祠
ここは老圍の東に位置し鄧一族により16世紀に作られた。
彼らの祖先を祭る為の祠で、3つの部屋に分かれている。
正殿には歴代の祖先の位牌と神主の有龍頭の木像がある。
1997年11月古跡に認定されている。
龍躍頭文物径61 龍躍頭文物径62

龍躍頭文物径63 龍躍頭文物径64
龍躍頭文物径65 龍躍頭文物径66 
ここで入手した地図に石廬の表記がありました
来た道の途中です。戻る際に見つけよう~
龍躍頭文物径87



龍躍頭文物径67
この先まだ龍躍頭文物径は続きますが、今回の散歩はここまで。
来た道を戻ります。


石廬ありました。ありました
龍躍頭文物径70
異様な雰囲気がします
建物の周りには草木が多い茂ってます。
危ない。近くへは行けません
香港漫歩游の粉嶺漫游路線ページに載っていないのは理解出来る気がします

龍躍頭文物径80


古い建物、緑豊か、のどか・・・・・
なんだか元朗を思い出させる




粉嶺駅には戻らず、バス始発駅へ
その近所にある・・・・・
龍躍頭文物径85
龍躍頭文物径81 龍躍頭文物径82
びっくり。
無料のシャワー室がありました。

龍躍頭文物径84 龍躍頭文物径83
シャワー室もあり、公共のトイレにしてはなかなかきれいです。

龍躍頭文物径86
道路標識
白丸の中は何も描かれてません。
何を意味するのでしょう

見学者は居ないかなぁ~なんて思っていましたが、ちらほらいらっしゃいました。
龍躍頭文物径の1/3を散歩しました。
残りは次回持越しでーす

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。