魅惑のバスルート、乗ってるだけで旅気分。14番バスでスタンレーに行こう!

 11, 2016 00:04
香港在住の方は、のんびりとした異国情緒を求めてスタンレーに行った事があると思いますが、どのルートで行きましたか?

中環から香港中央部のトンネルを一気に抜けて行くか、それとも西側回りのバスでしょうか?

ところが、バスの旅も楽しめるとっておきのルートが、14番です。
走る区間は西湾河(愛秩序湾、愛徳街)―赤柱炮台、香港島の東側の山道を走り、赤柱へ向かうルートです。

始発は、西湾河の嘉亨湾バスターミナルです。西湾河駅のA出口を出て右に進み信号を渡ったらあります。次の停留所は、西湾河駅でA出口の所ですが、2階の良い席を確保したいなら、始発に向かいましょう。お勧めは、最前列左側です。

14番のバス乗車1
西湾河から筲箕湾を抜けると急な上り坂に入ります。

14番のバス乗車28

14番のバス乗車27
坂道の右側に小学校がありますが、その建物の右側から左側の端まで行く間に1階分登ってしまいます。本当の急坂です。

14番のバス乗車16

14番のバス乗車15
大潭道の坂を一気に上り、



14番のバス乗車2
香港島の東側を南に向かいますが、東海岸は入り江が入り組んでいるので、少し山側を走ります。その為、海の景色は良く見えません。

14番のバス乗車3
そして、頻繁に垂れ下がった樹木の枝がバスの窓にぶつかります。バン、バンと言う音で、一番先頭に座っているとびっくりするぐらいです。

14番のバス乗車4

14番のバス乗車5
暫くの間、亜熱帯の林の中を走ります。周りに人工物がない森林の中を走っているととても綺麗な空気(フィトンチッチ)を吸っている実感がします。

14番のバス乗車6

14番のバス乗車7

14番のバス乗車8
森林の中を走っていると、突然、前が拓け、湖の青い色が飛び込んできます。

14番のバス乗車9
ここが大潭篤水塘です。道の前方には、ダムを渡る道路、右側には青々とした湖、左側の遠く下の方にはダムから流れ落ちた川。

14番のバス乗車10

14番のバス乗車11
ここが、14番バスのクライマックス。何とダムの上の細い道路をバスが渡ります。

14番のバス乗車31
バスだけでも一杯になるくらいの道幅、対向車が来ると、スピードを落とし、ギリギリの車間ですれ違います。

14番のバス乗車12
バスの2階席から見ると、細い道路で右が湖、左が谷底、こんな場所でギリギリの間隔で対向車とすれ違っていますが、間違って接触してたら谷に落ちてしまいそうです。
でも、このダムの道路の上から見る景色は絶景です。右側の満々の水を蓄えた湖、左下の深く入りこんだ海の景観、とても美しい景色です。




14番のバス乗車29

14番のバス乗車30

尚、ダムの堤防の手前のバス停からは、香港トレイルのポイントとなっており、たくさんの登山者が下車していました。(このトレイルもとても素晴らしいです。この件は別途アップします。)



14番のバス乗車13
堤防を越えると再び、林間道に入り、バン、バンと言う木の枝が当たる音を聞きながら進みます。


14番のバス乗車21
紅山半島を越えると海に近くなり、木々の間から海の景色が垣間見れます。

海が視界から離れ、建物が多くなってきましたらスタンレーに近くなって来ています。

ゆるやかな坂を下っていけけば、目的地赤柱村です。

14番のバス乗車23


14番のバス乗車22





14番のバス乗車20

ところで、この14番のバスの終点は赤柱炮台です。ここは赤柱半島で行ける一番南の場所です。この先は軍事施設となっており入る事が出来ません。

14番のバス乗車19
時間があればそのまま終点まで乗っていって、軍事施設の入り口の写真でも撮ってきては如何ですか?

14番のバス乗車18


14番のバス乗車17
乗ってきたバスは数分後に折り返しますので、写真撮影後、すぐに乗り込んで戻って、赤柱村で下車すればいいのです。赤柱村で下車する時に、もう一度、オクトパスを再タッチすれば、短距離料金が適用され、差額が戻ってきます。



香港のバスは2階建てなので、乗っているだけでも旅行気分に浸れますね。いくつかの路線は、ルートそのものが観光ルートの気分を味あわせてくれます。今後も面白いバスルートをアップしますね。






この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村



最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-04 Thu
関連記事

Tag:香港 情報 バス

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ