スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王室の紋章のポストを求めて海鮮で有名な鯉魚門市場へ ~ 油塘(ヤウトン)!

 26, 2016 00:11
觀塘(クントン)から油塘(ヤウトン)へ、
英国の紋章の郵便ポスト求めて~

イギリスから中国へ香港が返還の年の1997年にはまだMTRに油塘(ヤウトン)駅はありませんでした。

何と、觀塘(クントン)線は藍田(ラムティン)駅の次は鰂魚涌(クオリーベイ)でした。(2001年9月26日までは)

その前は香港島へは繋がっていなかったのね~
MTRの路線のことを調べてみたくなりました。(笑)

觀塘線
Wikipediaより

油塘ポスト1

油塘(ヤウトン)駅はまだ新しい駅なのです。
駅からヴィクトリアハーバーが見られます。

油塘ポスト2

油塘ポスト3

油塘ポスト4
春節でこんな飾りがありました。

油塘ポスト5
A2の出口からでると彼は待っていました・・・・(笑)

油塘ポスト6

油塘ポスト7
No.436

油塘ポスト8
エリザベスⅡ世

油塘ポスト9
こちらの通りで、彼は待っていました。


もう1つを求めて

油塘ポスト10

油塘ポスト11
鯉魚門

ズーム
油塘ポスト12
来たいと思っていたところへポストが案内してくれました。(笑)
鯉魚門は、新鮮な海鮮のお店が並んでいる市場として有名です。

油塘ポスト13

油塘ポスト14
鯉魚門は、鯉西門村、馬湾村、馬背村、安利西村の4つの村から構成されており、近隣の漁民が捕ってきた魚を卸す市場としてスタートしました。

油塘ポスト15
海鮮市場の中へ
何軒のお店があるのでしょう~?

油塘ポスト16
その後、海鮮レストランがたくさん出来ましたが、既定のメニューの他に選んだ魚を希望の料理にしてくれる所が大半です。

油塘ポスト17
レストランの店先に並んでいるイケスから選んで調理してもらう方法と、市場で購入してその魚貝をレストランに持ち込んで料理してもらう方法がありますが、後者は、どんな値段を吹っかけられるか解らないので、地元の人がいない場合はお薦め出来ません。

油塘ポスト18
又、店先でしっかりと料金を確認しないと、後からぼったくられるケースもあるそうですので、料金確認はしっかりして納得してから注文して下さいね。

油塘ポスト19
尚、市場内の43Dの所に、「年香園餅家」と言うお店があります。
こちらは数十年の歴史があるお店で、ここで販売されている「鶏仔餅」は、おいしい事で有名だそうです。(後から知ったので食べなかった・・・クシュン)

油塘ポスト23
居ました、居ました~。
暗い先に緑の姿が!

油塘ポスト20

油塘ポスト22
No.235
口にちょっと長めの庇があります。
いくつもポストを見ていると少しずつ違いがあるのが分かります。


油塘ポスト21
ジョージⅤ世

まさか、ポストに導かれて、鯉魚門へ来れるとは思いませんでした。
地図を見て確認し、この海鮮市場の先には天后宮が!
折角なので行きました。

そのお話は次回に~。




この話を多くの人に読んでもらいたい!
いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村





最後まで、読んで下さり、ありがとうございます

2016-02-08 Mon
関連記事

Tag:香港 情報 郵便ポスト 観光スポット

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。