スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶磁器と切り紙とブルースリーの師匠の里、佛山旅行①

 25, 2016 13:10
香港から気軽に1泊2日の小旅行がしたい、と思っても中々、良い所がありませんね。

今回、とても素敵な小旅行先を見つけたので紹介します。

それは佛山市です。
香港在住の方なら聞いた事はあるでしょうが、ここに素敵な観光スポットがある事はご存じでしたか?

今回は細かな移動方法も紹介して、このブログを見ればそのままツアーに行ける様に書きますね。
それでは、佛山の小旅行、3回に分けてアップします。お楽しみに!

香港から佛山へ行く方法はいくつかありますが、
2016-05佛山1日目1
私たちは紅磡(ホンハム)から直通電車で広州東駅。

2016-05佛山1日目2
Z820:紅磡(ホンハム)9:24発→広州東11:23着。
2016-05佛山1日目4

2016-05佛山1日目3
広州東駅で昼食をとり、地下鉄1号線に乗換え、終点の西朗で更にGF地下鉄に乗換えて祖廟駅まで行きました。

他の方法として、
①ホンハムから佛山まで直通電車:Z804 ホンハム10:52発→佛山13:47着
*乗換が煩わしい方は、こちらの電車の方がお勧めです。

②香港から佛山までのバス。
があります。



祖廟駅を降りて徒歩で約5分、皇冠暇日酒店(クラウンプラザホテル)に到着。
2016-05佛山1日目12
このホテルを選んだのは、佛山の観光場所へアクセスが良いからです。

(①の場合は佛山駅からタクシーを利用して下さい。②のバスは皇冠暇日酒店が終点の様です。)

2016-05佛山1日目5
街角には銅像がいたるところに配置されている。


私達は、ちょうど2時頃に皇冠ホテルへ到着。荷物を部屋に置いて観光開始です。

まず、最初に訪問するのは、「南風古灶」です。

ホテルから右側に出てロータリーの地下で汾江西路へ出て南行きのバス停に向かいます。
2016-05佛山1日目13
右の下りへ進んで下さい。

2016-05佛山1日目14
ロータリー

2016-05佛山1日目15
こらちを上がって行きます。

そこで、109番のバスに乗りましょう。このバスの終点が南風古灶です。約20分ぐらいで到着します。料金は2元です。(もちろん、ホテルからタクシーで直接向かってもOKです。)

到着したバス停は、南風古灶の入口より一本南となりますので、バス停後ろの駐車場を突っ切って下さい。すぐに入口が見えます。

2016-05佛山1日目8
こちらは、何と明の時代に作られた登り窯が2つも保存されている貴重な所です。入場料金は25元です。

2016-05佛山1日目9
壁にも注目して下さい。
陶磁器が埋め込まれてます。

2016-05佛山1日目10


2016-05佛山1日目11
入ると目に飛び込んできます。
壁一面に陶磁器で出来た壁画です。

2016-05佛山1日目62
こちらの見どころ1番の左右にある登り窯

2016-05佛山1日目17

2016-05佛山1日目18

2016-05佛山1日目19
登り窯の上から

2016-05佛山1日目20
上の作業場

2016-05佛山1日目21


2016-05佛山1日目22
向かって右側の登り窯の煙突

2016-05佛山1日目23
上から釜の中を覗くと・・・・

2016-05佛山1日目24

2016-05佛山1日目25

2016-05佛山1日目26



2016-05佛山1日目27
こちらは作品の販売コーナー。

2016-05佛山1日目28

2016-05佛山1日目29

2016-05佛山1日目30
ミニチュアです。
私作れるかしら・・・・・

2016-05佛山1日目31
こちらではろくろの実演が見られます。


2016-05佛山1日目32
こちらの壁は何と瓦で出来てます。

2016-05佛山1日目33
ズーム


2016-05佛山1日目36
素敵な街並み

2016-05佛山1日目34 2016-05佛山1日目35


2016-05佛山1日目41


そして、ここで忘れてはならないのが、切り紙のお土産です。

実は、佛山は切り紙でも有名ですが、一般的には赤い紙を細かく切って文字や絵の様にした物が大半です。ところがこの南風古灶の中にある、鏡宝蓮先生の作品は、カラフルな色が付けられており、とても素晴らしい作品となっています。

2016-05佛山1日目37
お店はこちら

2016-05佛山1日目38
鏡宝蓮先生

2016-05佛山1日目402016-05佛山1日目39
しかも額に入ったこんな作品が30元です。
広州に駐在している日本人は、日本へのお土産に佛山の切り紙が人気と言われていますが、これは日本へのお土産に喜ばれる事、間違いなし。
切り紙の購入を考えている方はこちらがオススメです。

2016-05佛山1日目42
陶磁器の博物館

2016-05佛山1日目43
こちらにも陶磁器で出来た3Dの壁画

2016-05佛山1日目44

2016-05佛山1日目46
この地区の歴史が分かる。

2016-05佛山1日目45

2016-05佛山1日目47

2016-05佛山1日目48

2016-05佛山1日目49

2016-05佛山1日目50

2016-05佛山1日目51

2016-05佛山1日目52
向って左側の煙突

2016-05佛山1日目53

2016-05佛山1日目54

2016-05佛山1日目55
こちらにも陶磁器で出来た3Dの壁画です。

ズーム
2016-05佛山1日目56


南風古灶の裏には陶磁器を中心としたお店がたくさん並んでいますので、こちらも見学ポイントです。尚、南風古灶入場時に腕にテープを巻いてくれます。これは当日、再度入場できる為で、裏手のお店を見た後、又ここへ戻って来れます。

2016-05佛山1日目60

2016-05佛山1日目58

2016-05佛山1日目65
胡麻すり
実演出来ます。
彼遣りました。

2016-05佛山1日目57

2016-05佛山1日目59
上記で擦った胡麻を用いた胡麻糊(ごま汁粉)
とっても滑らか!
美味しかった。
2016-05佛山1日目61



2016-05佛山1日目63

南風古灶は陶磁器のテーマパークといった感じでしょうか。

この南風古灶で夕方までたっぷりと見学をした後は、ホテル近くの嶺南天地へ行って夕食ですが、ここからは②で報告します。


注)事前に公共交通機関等で運行時間等ご確認下さいませ。


=皇冠暇日酒店(クラウンプラザホテル)=

住所:中国仏山市禅城区汾江中路118号

電話番号:86-757-82368888



=南風古灶=

住所:中国佛山市禅城区石湾镇高庙路

電話番号:86-757-82701118

入場料金:25元




最後まで、読んで下さいまして、ありがとうございます


いいね!と感じましたら、
下のトラムをクリックして頂ければ、嬉しく励みになります♪

 

にほんブログ村

2016-05-06 Fri
関連記事

Tag:情報 香港 観光スポット 中国

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。