スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画竜点睛の由緒あるお寺 『慧聚寺(昆山)』

 28, 2016 00:58
上海から新幹線で1駅の昆山へ

慧聚寺1
慧聚は、511年に江蘇省昆山市に建立された由緒あるおですが、消失しており、2009年に再建されました。

慧聚寺2
入り口から見ても広大さが分かります。

慧聚寺3
天王殿

このが建立された時に南朝一番の画師の张僧繇が柱に龍の絵を描いています。彼の書いた龍の絵は「画竜点睛」と言って、眼を書き入れると空に飛び立ってしまう為に、眼を入れていません。ここのお寺の龍も目が入っていない画竜点睛だったそうです。

慧聚寺4
圓道寶殿
慧聚寺5

慧聚寺6
催し物が開催されてました。

慧聚寺10
天后宮

祀られているのは媽祖で、これは香港や澳門にも多く、同じ系列だそうです。
慧聚寺7
ボケボケの写真でごめんなさい。


慧聚寺8
塔は只今建設中です。


慧聚寺9
庭園もあります。



10月2日には慧聚寺から市内までの媽祖の巡行が行われます。

上海からの行き方は、高鉄で昆山南駅まで行きます。(約20分、24.5RMB)

そこから16番のバスで花鳥市場下車、そこで20番に乗換え、終点の太湖路首末駅まで行き、バスを降りたら進行方向へ約50m行くとあります。(バスで約50分)



由緒あるお寺の媽祖の巡行、見学してはいかがですか。


=慧聚寺=

住所:江蘇省昆山市馬鞍山南







 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-09-17 Sat
関連記事

Tag:情報 上海 観光スポット 彗聚 画竜点睛 媽祖

COMMENT - 2

Thu
2016.09.29
01:40

Hanako #-

URL

目を入れてない龍なのですね。興味深いです。
上海周辺見どころが沢山ありそうですね〜。

Edit | Reply | 
Thu
2016.09.29
16:14

きさらぎ #-

URL

Re: タイトルなし

Hanakoさん

上海も色々見どころ多そうです。
只今、勉強中です。(笑)

こちらのお寺が今も建設中で、ピカピカがちょっと残念なところですかね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。