上海蟹の本場 陽澄湖の旅 ③ 『巴城老街と崇寧塔院』

 19, 2016 00:48
上海を食べて崇寧寺を見ても時間的余裕があば、ぜひ巴城老街へ足を延ばす事をお勧めします。


場所は「巴城客運駅」バスターミナルの近くです。
市場のある「交易市場」からは276番のバスで7駅目、「崇寧寺」からは272番のバスで6駅目です。


バスターミナルを降りてから景城路を300m程行けば巴城老街の門が見えます。
すぐにわかると思います。
巴城老街と崇寧塔院1
こちらの門の左側の道を進みます。

巴城老街と崇寧塔院2
天天楽さんで頂いた菱の実の生のものを発見。
これを蒸すのでしょう。

巴城老街と崇寧塔院3
橋の奥に塔が見えます。

巴城老街と崇寧塔院4
麗江古城を思い出されるわ♪

巴城老街と崇寧塔院7
巴城老街は1800年後半、清の時代に作られた町です。
東西200メートルの道路を花崗岩の石畳みを敷設してその廻りに建物が作られています。

巴城老街と崇寧塔院6


1997年から文化保護区として整備が行われて道、建物を補修しておりもう少しで完成する所まできています。従って、中国人も良く知られていない場所です。

巴城老街と崇寧塔院5
昆曲のことについて学ぶことが出来ます。

巴城老街と崇寧塔院8
この地域が発祥の上海についての博物館

巴城老街と崇寧塔院9
を食べる時に使用する道具や料理のことも書かれてます。

巴城老街と崇寧塔院10
この地域の特産の木彫り

巴城老街と崇寧塔院11
雰囲気のあるレストラン

巴城老街と崇寧塔院12
出土した歴史の価値ある品々

巴城老街と崇寧塔院13
竹刻芸術館
竹細工の品々が展示されてます。


巴城老街と崇寧塔院14
東寶笛館
色んな素材の笛があります。
天然石のものもありました。
大きさも様々。

建物を改築して博物館などとして活用しています。
これからも展示館やショップなど増えていくでしょう。


塔を目指し、奥へ進みます。

巴城老街と崇寧塔院15
崇寧塔院
ここでも布袋さんがお出迎えしてくれてます。
ややふんずりかえっているように見えます。

巴城老街と崇寧塔院16
こちらのはお釈迦さまは黒です。
媽祖は黒。錯覚しちゃう!?

200mほどの街並みと聞いて、小一時間ほどで回れるかなぁっと思っていたらとんでもない。
風情があって、慕ってしまう。



帰りは「巴城客運駅」バスターミナルまで戻り、159番のバスで昆山南駅(終点)まで。


只単に上海を食べに行くのではなく、蟹に纏わるところを巡り、清の時代に作られた町「巴城老街」まで少し足の延ばし、蟹の故郷を堪能してはいかがでしょう。










 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2016-10-16 Sun
関連記事

Tag:情報 昆山 観光スポット 巴城老街 崇寧塔院 昆曲

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ