初詣は上海三社巡り その② 城壁がある『大境関帝廟』、 道教由来の80以上の神々が祀られている『白雲観』

 04, 2017 06:11
昨日お伝えした『上海文廟』から次に向かった先は・・・・・・


大境関帝廟
2017-01 大境関帝廟 白雲観1
1553年、倭寇の侵略に対抗する為上海城壁が作られましたが、その一角に作られた廟がこの大境関帝廟です。
1912年に城壁が取り壊されましたが、この廟を残す為に前後50m程の城壁も残されました。今では唯一残っている城壁です。

2017-01 大境関帝廟 白雲観2
城壁の下にある関帝廟は生憎と門が閉ざされ、拝観は出来ませんでした。
周りを見ていたら、奥隣に白雲観があり、こちらを拝観することにしました。



2017-01 大境関帝廟 白雲観3
白雲観

2017-01 大境関帝廟 白雲観4

2017-01 大境関帝廟 白雲観5



ここには道教由来の80以上の神々が祀られていますが、お目当ての「財神」は2階にあります。
2017-01 大境関帝廟 白雲観8
尚、鐘や太鼓も2階に配置されている珍しい構造となっています。

2017-01 大境関帝廟 白雲観7



2017-01 大境関帝廟 白雲観6
奥には、「太歳」と呼ばれている生まれ年の神様が祀られています(城隍廟にもあります)。

生まれ年の太歳がどれに当たるかが記載されていますので、ご自分の太歳を探してお祈りすれば効果絶大となります。


続いて、豫園のお隣にある廟へ向かいます。

続く・・・・・


=大境関帝廟=

住所:上海市黄浦区大境路259号



=白雲観=

住所:上海市大鏡路239号

営業時間:8:00−16:00

休業日:なし

拝観料:5元





 最後まで、読んで頂き、ありがとうございます。

クリック頂けると、嬉しく励みになります。



 
にほんブログ村


2017-01-01 Sun
関連記事

Tag:上海 観光スポット 文廟 大境関帝廟 白雲観 城壁

COMMENT 0

WHAT'S NEW?

ブログパーツ